pyreneesのアルバイトparc

アルバイトparcとは、管理人のpyrenees首都圏のバイト情報をリサーチし、調査結果を皆さんに報告させて頂くお仕事レポートです。お役に立てれば幸いです。

塾講師のバイトってただ教科を教えるだけの仕事じゃないってことを伝えよう

お初にお目にかかります。
塾講師は10年ほど前までしており、3つのグループ企業で働いたことがあります。
年数は6年ほど。
一つ目は確か北野塾の系列だったと思います。二つ目が京大学士塾。三つ目が関塾です。
一つ目と三つ目がアルバイト契約。二つ目がアルバイトから契約社員に移行でした。
生徒は小中学生。教科は全部です。
よろしくお願いいたします。

3つの塾を渡り歩いた私が塾講師のバイトについての経験を語る!

Q:おおまかにいつ頃働いていましたか?
2002年ごろから2010年ごろまで

Q:当時何歳でしたか?
20代半ばから30代前半

Q:時給はいくらでしたか?
時給は1500円程度から2500円程度です。
一見高いですが、仕事の準備にものすごく手間がかかるので、かなり割り引いて考えてください。

Q:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
なんとも言えません。
当然のことながら、生徒さんたちや塾側の都合がありますので、他のアルバイトよりかなり責任感は求められます。
また、夏や冬などの大型連休はかき入れ時です。
模試の監督や特別講習など、休日出勤も塾によっては度々あります。

Q:どんな仕事内容でしたか?
主に小中学生のクラス授業・個別授業全般です。
教室長のようなこともやっておりました。
今思い返しても大変に責任感の求められる仕事です。
相当の覚悟が必要であり、またやりがいもあります。

Q:忙しかったですか?きついことはありましたか?
夏季講習の期間中などは本当に大変でした。
特に仕事を初めて一年目などは授業の準備などに大変な労力を要します。
その期間が始まる前からある程度計画的に準備をしておくと無難です。
また、多くの人を束ねなければならないのでその辺が苦手な人は特に最初のうち苦労するかもしれません。
周囲の先輩方や同僚にうまく助けを求めたりして、乗り切っていきたいところです。

Q:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
幸いあからさまなハラスメントなどの経験はほぼなかったと思います。
ただ、人間同士の付き合いは割と密な職場であるだけに、いろいろあると思います。

Q:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
元々あまり子供好きでもなかったですが、子供との付き合いは割となれました。
また、雑学は嫌でも身に付きました。
担当する教科が多いほど、昔習ったことをしっかり復習できます。

Q:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
これは勤め先によって異なりますが、私の場合冬場慰安旅行にカニを食べに連れて行ってもらったことがあります。
また、たまに塾長さんなんかにラーメンをおごっていただいたことなんかがありました。
独り暮らしには大変助かります。

Q:楽しんで働けましたか?
楽しいこともあれば苦しいこともありました。
あれだけ多くの子どもらとの付き合いは、ああいう仕事でないとなかなか経験できないことです。
楽しい思いも、苦しい思いもいっぱい経験してください。

Q:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
受ける事業所によってやり方はバラバラですが、面接が一回でOKのところもあれば、ペーパーテスト、面接・模擬授業などを重ねて厳重に審査するところもありました。
志望動機は申し訳ございません。かなり前の話なので確としたことが思い出せません。

Q:服装や身なりの規定はどうでしたか?
塾講師として常識の範囲内だと思います。
普通背広、私はリクルートとあとひとつちょっとおしゃれ目なのを使いまわしておりました。

Q:休みは取りやすかったですか?
私は特に申請したことがなかったのでわかりません。
申請する時はだいぶ前から責任者の方に言っておいた方がよいでしょう。

Q:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
一般的によく言われるのが「この業界は出会いがない」です。
まあ、職場に若い男女が多かったりするとどうかわかりませんが。
講師の方だけでなく、事務の方など、結構若くで携わられる方も多いので、場所によっては恵まれていなくもないでしょう。

Q:仕事中は楽、暇でしたか?
あまり楽なことはありませんでした。
もっとお仕事に慣れれば話は別かもしれませんが。
あえて言えば模試の監督は「ド暇」です。
しかし、その分時給が低く、時間が奪われるので何とも言えないところです。

Q:働いてよかったことは何ですか?
慣れれば慣れるほど自分の裁量が試されます。
独創性という点では非常にやりがいがありました。
なんせ、生徒らを前に一種の劇場を取り仕切ることになるのですから。
その分、ものすごく大変ですし、責任を要求されます。

Q:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
ひとつには独創性を要求されるところ。
もうひとつは子供らを相手にするところですね。
その分「自制」というものが要求される局面もありますが、彼らはやはり屈託がないです。
やめた理由は時間的な都合で、どうしても無理になりました。

Q:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
勧められる点と勧められない点がございます。
勧められる点はやはり「やりがい」そして「仕事の意義」ですね。
アルバイトとはいえこれほど露骨に子どもの教育に携われる仕事なのですから。
勧められない点はあまりに責任感を求められるので、「ちょっと無理だな」という方はやはり無理なく遠慮なされた方が無難かと思います。
また、よく言われるように今日日この業界の大概は賃金などに関するとあまりいいとはいえません。


まとめ

以上が私が3つの塾でバイトをしていた体験談でした。お役だててみてください。