お金を借りる
どうしてもお金借りたい!そんな状況で頼りになるのが、生活に困窮する人を支援する制度と金融業者です。今回の記事ではどうしてもお金借りたい人に向けておすすめの制度や金融業者をまとめています。

どうしてもお金借りたい!

どうしてもお金借りたい!次の給料日まで生活費がギリギリなのに、急な出費に見舞われたらどうしますか?

家族に相談して心配をかけるのも嫌ですし、かといって友人に相談してお金に困っていることがバレるのも嫌だと思います。

そんな状況で頼りになるのが生活に困窮する人を支援する制度と金融業者です。

そこで今回の記事ではどうしてもお金借りたい人に向けておすすめの制度や金融業者をまとめていきたいと思います。

どうしてお金を借りたいの?使い道によって借入先は違う

どうしてもお金借りたい!だけど大手消費者金融は元より中小消費者金融ですら通らない。気持ちは分かりますが、ただ闇雲にお金を借りていては借金地獄に陥りかねません。

ですから、まずは何にお金を使うのかを明確にして、それに応じた手段を選択しましょう。

あなたのお金が調達する目的は、以下のどれでしょうか?

  1. 生活費
  2. 出費に備えたお金(買い物、冠婚葬祭など)
  3. 学費(教育資金)
  4. 医療費
  5. 住宅・自動車の購入
  6. 事業資金

    「学費」「医療費」「住宅・自動車の購入」「事業資金」に関しては、金融機関が扱っている目的ローンを利用すれば良いでしょう。

    ですが、問題なのは「生活費」と「出費に備えたお金」ですよね。

    個人的な生活費や出費のためにお金を貸してくれる金融機関はほとんどありません。ですからこの記事を参考にして限られた手段をうまく利用していきましょう。

    どうしてもお金借りたい!すぐに必要ならカードローン

    どうしてもお金借りたい。すぐに現金を手に入れたいときは、カードローンがおすすめです。

    カードローンやキャッシングとは、主に銀行や消費者金融が扱う融資商品のことをいいます。審査に通過することさえできれば、決められた範囲内のお金を自由に引き出すことが出来るというメリットも。

    銀行と消費者金融には以下のような特徴があります。

    • 銀行カードローン:低金利・高利用限度額
    • 消費者金融キャッシング:高金利・低利用限度額

      消費者金融系カードローンには、「借り入れは年収の3分の1まで」という貸金業法の総量規制が適用されますが、銀行法に沿って貸出を行う銀行系カードローンにはその規制がありません。

       多少時間をかけてでも低金利でお金を借りたい場合は銀行系カードローン、金利よりも何よりも今すぐお金を調達したいときは消費者金融系カードローンを選択すれば良いでしょう。

      どうしても即日でお金を借りたいなら大手消費者金融

      どうしてもお金を借りたいのなら大手消費者金融業者が向いており、何事もなければ1時間かからないくらいで契約が完了します。

      消費者金融系のカードローンは担保や連帯保証人が不要で、即日融資に対応しています。審査時間は最短30分で、お金を借りる方法の中では最速のスピードです。

      即日融資のコツ
      まずはWebからお申込
      カードローンの審査は申し込み順に実施されるので、とにかく早く借りたい!という方はWeb申込を済ませましょう。早く申し込むほど、早く審査が行われます。
      最短30分で審査完了
      本人確認書類と収入証明書類をカメラで撮影し、画像ファイルアップロード、もしくは送信。上記で紹介しているカードローンであれば、最短30分程で審査が終わります。審査結果は入力した電話番号にご連絡。審査に通れば希望の銀行口座にお金が振り込まれます。
      ATMでカードのご利用
      審査に通った時点でカードのご利用が可能です。当サイトで紹介している全てのサービスが24時間、コンビニエンスストア等のATMからお金を引き出すことができます。

      大手消費者金融会社のアコム、プロミス、アイフルは月別に契約率のデータを公表しています。そこで2018年7月から12月までの半年間を比較してみました。
      アコムプロミスアイフル
      2018年7月41.6%44.6%45.3%
      2018年8月43.7%46.4%46.0%
      2018年9月43.4%45.9%46.3%
      2018年10月45.0%47.0%45.9%
      2018年11月44.7%45.9%45.5%
      2018年12月43.7%43.4%42.8%
      6か月平均43.7%45.5%45.3%
      スマホひとつで申し込みから契約まで完結するので、自宅にいながらお金が借りられるのも嬉しいポイント。
       銀行の営業時間外や土日、祝日といった日でも、インターネットから申し込みを済ませることで、無人契約機でカードを受け取り365日の即日融資が可能となります。 ※それぞれの金融会社で営業時間は変わります。

      時間を掛けても低金利が良いなら銀行カードローン

      銀行は2018年より即日融資を行っていませんが、急ぎでないなら銀行カードローンに申し込んでも良いでしょう。

      ただし、銀行カードローンは消費者金融よりも審査基準は高いので自分の属性でも通るのか注意しておきましょう。

       月々の最低返済額が3,000円以下の銀行カードローンは最低返済額が低い=返済能力が高くない人の獲得への貸出しを的に行なっていると予想されます。

      その為、自分でも通るのかと不安な人はパートやアルバイトでも申し込みOKと記載している銀行や月々の返済額の低いカードローンを選びましょう。

      なお、銀行カードローンの審査は、以下のような流れで行われます。

      1. お申込み
      2. カードローン審査を受ける
      3. 本人確認書類を提出する
      4. 銀行口座にお金を振り込んでもらう

      ブラックでもどうしてもお金借りたい人は?

      事故経験、延滞やブラック、債務整理中や債務整理経験があると(個人再生・任意整理・特定調停・自己破産など)と銀行や大手消費者金融会社の審査に通らない事が多いです。

      中小消費者金融

      しかし、中小の街金と呼ばれる消費者金融で積極的に融資を行う会社であれば、どうしてもお金借りたいブラックな人でも審査に通る可能性があります。

      ただし中小消費者金融は、契約する金額によっては10万円未満だと利息制限法に基づいて年20.0%まで利息をあげる会社もあり、そのため中小の消費者金融業者は9万9000円など、ぎりぎり10万円に満たない貸出金額を多くすることが多いです。(その方が利息が高くなるため)

      街金と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、金融庁公式サイトではちゃんと登録された貸金業者が確認でき、住所から近くの街金を探すことが可能です。

      ただし、金融庁公式サイトに登録されていない業者は闇金ですので絶対に利用してはいけません。

      どうしてもお金借りたいブラックは闇金(ヤミ金)の甘い言葉に要注意

      どうしてもお金借りたい。お金に困っているとき特に注意したいのが闇金(ヤミ金)です。

      闇金とは、金融庁に届け出をしていない違法業者のことです。

      また、最近ではちゃんとした貸金業者を装いながら、多重債務者やブラックリストの人に法外な金利でお金を融資する「ソフトヤミ金」も増えているので注意してください。

      日本貸金業協会

      参考:ヤミ金(悪質業者)の検索「日本貸金業協会」

      日本貸金業協会のホームページを利用しましょう。日本貸金業協会の公式サイトには「闇金業の検索ページ」があり、どの会社が悪徳業者なのかリサーチできます。

      ネット上の激甘審査ファイナンスにも注意

      どうしてもお金借りたいとインターネットで情報を集めていると、どうしてもお金借りたい人をターゲットに、激甘審査ファイナンスとしてカードローン業者を紹介しているページを見つけることができます。

      極甘審査と聞くと簡単に借り入れができそうに感じてしまいますが、紹介されている業者は通常の金融機関でないことが多いです。

       「審査なし」「ブラックリストでも融資OK」など、魅力的な条件を打ち出しているのは、ほぼヤミ金業者と思って間違いありません。
      合法的に借りる方法はこちら

      #お金借りたいなどTwitterの個人間融資掲示板も危険

      どうしてもお金借りたい人の中には貸金業者や金融機関から借りるという方法以外に、個人間融資掲示板でお金を貸してくれる人を探すという方法も存在します。

      Twitterのハッシュタグなどで「#個人融資」「#即日振込」など回ってくると、どうしてもお金を借りたい人はこの個人間融資掲示板にすがりたくなると思いますが、掲示板で面倒なやり取りをしてまでお金を貸したいという人は闇金や詐欺師以外に存在しません

      「あなたの現在の状態だとお金を返してくれるか信用できない。信用しても大丈夫か確認するためにお金を5万円ほど振り込んで欲しい。振り込みが確認できたらあなたの口座へ希望額を振り込む」と掲示板にてやり取りをしたのち、お金を先に振り込みさせておき騙し取る詐欺も個人間融資で確認されています。

      冷静な状態だと詐欺だと分かるのですが、お金に困っている状況だと騙されるケースが多いです。

      どうしてもお金借りたい人への状況別対策法

      どうしてもお金が必要な時にかぎって手元にまとまったお金がない。銀行や消費者金融は審査落ちしてしまった。

      そんな人のためにこの記事ではどうしてもお金が必要な時に出来る方法を項目に分けてご紹介しています。

      生活費をどうしても確保したい人は生活保護制度

      どうしてもお金借りたいけど銀行や消費者金融は審査落ちしてしまった。

      そんなときには闇金や個人間融資を利用するのではなく、生活保護制度を検討してみましょう。

      生活保護制度とは、病気やシングルマサーなどの理由で働けず、生活に困窮している人を支援する制度のことです。

      以下のように、生活を営む上で必要な各種費用に対応して扶助が支給されます。

      生活を営む上で生じる費用扶助の種類支給内容
      日常生活に必要な費用
      (食費・被服費・光熱費等)
      生活扶助基準額は、

      (1)食費等の個人的費用

      (2)光熱水費等の世帯共通費用を合算して算出。

      特定の世帯には加算があります。(母子加算等)

      アパート等の家賃住宅扶助定められた範囲内で実費を支給
      義務教育を受けるために必要な学用品費教育扶助定められた基準額を支給
      医療サービスの費用医療扶助費用は直接医療機関へ支払
      (本人負担なし)
      介護サービスの費用介護扶助費用は直接介護事業者へ支払
      (本人負担なし)
      出産費用出産扶助定められた範囲内で実費を支給
      就労に必要な技能の修得等にかかる費用生業扶助定められた範囲内で実費を支給
      葬祭費用葬祭扶助定められた範囲内で実費を支給

      引用:生活保護制度(厚生労働省)

      どうしてもお金借りたい人に検討してもらいたいこちらの「生活保護制度」は通常は役所の福祉課窓口で受付を行っています。

      ちなみに生活保護の支給額は自治体や家族構成などによって異なるので、合わせて全国の社会福祉協議会窓口に相談してみましょう。

      一時的にどうしてもお金借りたいなら生活福祉資金

      どうしてもお金借りたい!その理由が例えば入院費用が足らないなど、緊急の資金を調達したい場合は、社会福祉協議会の生活福祉資金がおすすめです。

      生活福祉資金とは、低所得者、障害者、高齢者の世帯に緊急時の資金を支給する制度のことで、こちらも社会福祉協議会にて受け付けています。

      本則特例措置
      貸付対象低所得世帯被災世帯(低所得世帯に限らない)
      貸付上限10万円以内10万円以内(特別な場合※20万円以内)
      措置期間2月以内は返済なし1年以内は返済なし
      償還期限措置期間経過後8月以内措置期間経過後2年以内
      貸付利子無利子無利子
      連帯保証人不要不要

      原則として連帯保証人が必要ですが、連帯保証人なしで借り入れできるプランもあるので、生活福祉協議会に相談してみましょう。

      国から借りるならチェック

      失業中でどうしてもお金借りたいなら失業保険

      失業中でどうしてもお金借りたい時は失業保険を受給してください。失業保険とは、再就職を希望しているのに、就職先が見つからない人に生活費を支給する制度のことです。

      退職した会社から発行される「離職票」があれば、ハローワークで申請を行うことができます。

      ただし、自己都合退職の場合は3ヶ月の給付制限期間があるので、失業保険の支給がスタートする日をちゃんと確認しておきましょう。

      友人からお金を借りる

      友人からお金を借りる場合、借りたお金の使い道はちゃんと友達に説明しましょう。

      お金を貸してくれた友達が求めなくても、あなたの方からお金を借りたことを証明するために、略式でも構いませんので借用書的なものを一筆書きましょう。名刺の裏でもメモ帳でも構いません。

      • お金を借りた日
      • 借りた金額
      • お金を借りましたと言う表現
      • 返済日
      • 一筆書き入れた日にち
      • あなたの住所と氏名

      正式な借用書でなくても構いません。他人に対して友達があなたにお金を貸したことを証明することができればそれでいいのです。

       使い道がわからないまま詳しい理由の説明もなくお金を貸してくれる人は滅多にいません。いくら親しい友達であっても説明をしっかりしましょう。

      どうしてもお金が必要な時はネットで物を売るのもおすすめ

      どうしてもお金が必要な時、実店舗の買取店に持って行く以外にもネットを使って物を売るという方法もあります。ヤフオクメルカリなど、名前を聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。


      買取店はブランド品のように確実にお金になることが予想できるものしか高額で買い取ってもらうことは期待できませんが、ネットを使って売れば意外な物が高値で売れる場合もあります。

       フリマアプリの大きなメリットは3分もかからずに自分のいらないものを出品できる点です。最近は配送サービスとも連携しているので、面倒な手続きも少なくスムーズに取引が出来ます。

      また利用ユーザーも多いので、出品したら1日かからずに売れてしまうことも。
      無職などカードローンやキャッシングが使えない人でも、どうしてもお金を借りたい時に借りずに実践できるのでおすすめです。