お金を借りる
1万円から3万円を借りるとなった時、お金を借りる方法は意外にも数多くあります。今回は今日中に1万円から3万円お金が必要という場面で皆が行った方法をインタビューを行った上でまとめました。

1万円から3万円借りるとなったら皆はどうしてる?

1万円から3万円借りる方法はないのか。人は追い込まれると何とかアイディアを出そうとするもの。
そこで今回は今日中に1万円から3万円のお金が必要という場面をイメージしてもらい、インタビューを行ってみました。

  • 親に頼んで貸してもらう
  • 友達に貸してもらう
  • バイトする
  • 質屋・リサイクルショップで手持ちの品を売る
  • クレジットカードで支払いをする
  • カードローンやキャッシングを利用する

      1万円から3万円借りるとなった時、上記の方法が考えられるようですが、詳しくみていきましょう。


      今が狙い目!
      土日も来店不要・最短1時間融資

      特徴のまとめ
      プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
      レディースローンあり

      アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
      来店不要でネット完結
      モビット・事前審査結果最短10秒
      WEB完結申込の利用で電話連絡なし

      ※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
      ※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

      親や友人に1・2・3万円借りる

      1万円から3万円を借りるのにお金に困ったときに親(家族)や友人に頼めるといいのですが、万単位のお金を借りるとなると相手もちょっと考えてしまうようです。

      また、「家の親がすんなりと貸してくれるとは思えないし事情がバレると面倒」という声も。

      友人に借りるのは時間がかかるし友情にヒビが

      友人に1万円から3万円を借りる場合は、相手に現金の手持ちがないと借りれませんし、何かと時間がかかります。

      また、例えすぐに返済できたとしても1万円から3万円借りるとなった時点で友情にヒビが入ってしまうかもしれません。

      ここでYahoo!!知恵袋で近い答えがあったので見てみましょう。

      貸した側の本音(知恵袋より)

      友人に1万円から3万円借りる時の貸した側の本音が知恵袋にありました。


      昨夜友達からメールで5万円貸して欲しいと言われました。

      理由は、借金が返せないからだそうです。

      必ず返すといわれました。

      皆さんなら貸しますか?

      良ければ意見を聞かせてください・
      その子とは、中学校が同じで、そのときは結構仲良かったのですが、高校は別々の学校だったため、朝電車などであったりして話す程度でした。

      でも高校卒業後は、ほとんどといっていいほど会わずお互いアドレスを変えてしまっていたためメールなどもせず1年ほど音信不通でした。

      その後、1年ほど前に再会したのですが、それでも会うのは数ヶ月に1回電車や町で会って少し話をするくらいです。(再会したときにアドレスの交換をしました。)

      でも交換後もほとんどメールはしていません。

      久しぶりに来たメールが昨夜のものです。

      私は、今年学校を卒業して就職したばかりです。

      まだ初任給をもらっていない私にとって5万円は大金です。

      一応5万円くらいのお金はあることにはあるのですが、それでも貸してと言われて容易に貸せるものではありません。

      たとえ初任給をもらっていたとしても簡単に貸せる金額ではないと思うのですが。


      絶対に貸しません。
      友達間でのお金の貸し借りはタブーだと私は思っています。

      あなたの友達を自分に置き換えて考えてみてください。
      お金に困っている時に、友人に『お金貸して』なんて簡単に
      言えますか?
      私には絶対できません。大切な友人なら尚更です。

      厳しい言い方かもしれませんが、彼女にとってあなたはどうでも
      いい存在なんだと思います。
      迷惑かけても心が痛まない程度には。

      大体、借金が返せないのは何故ですか?
      お金がないからでしょう。
      そんな人が後からお金を返してくれるはずありません。

      良い人になる必要はありません。
      身の丈に合わないお金の遣い方をした友達が悪いのですから、
      自分で責任を取らせるべきだと思います。

      それにお金を貸すと言う行為は友人関係だけでなく、貸した相手
      をもダメにしてしまうことがあります。
      地道に働いてお金を得るよりも、楽して誰かからお金を借りること
      ができるのならその方がいいとは思いませんか?
      おそらく真面目に働くのがイヤになりますよ。
      こういうタイプの人間は一度味を占めると何度も同じ事を繰り返し
      ます。
      友人のためを思うのなら余計にお金は貸してはいけないと思います。

      引用:ヤフー!知恵袋

      友達に1万円から3万円借りるなら絶対に一筆書くこと

      友情を壊したく無いのであれば、お金を貸してくれた友達が求めなくても、あなたの方からお金を借りたことを証明するために、略式でも構わないので借用書的なものをぜったいに一筆書きましょう。

      名刺の裏でもメモ帳でも構いません。

      • お金を借りた日
      • 借りた金額
      • お金を借りましたと言う表現
      • 返済日
      • 一筆書き入れた日にち
      • あなたの住所と氏名

      正式な借用書でなくても構いません。他人に対して友達があなたにお金を貸したことを証明することができればそれでいいのです。

      この時、友情を壊したく無いのであれば、金利についても書いておくと良いでしょう。

      日払いのバイトで働いて1万円から3万円稼ぐ

      1・2・3万円借りたい。そんな時は即日払いOKのアルバイトで稼ぎ、その日のうちにお金を手に入れましょう。

      日雇いバイトの例

      日雇いバイトにはこのようなものがあります。

      • ティッシュ配り…時給1,000円
      • 交通量調査…時給1,200円
      • イベントスタッフ…日給1~2万円
      • 引越しスタッフ…日給1万円~(件数によります)

        メリットは、働きたいときだけ働けるということ、単発なので人間関係に悩まされないということです。デメリットは、せっかく仕事を覚えても単発なので、また次の仕事を覚えないといけないということです。

        もし、他にアルバイトをしていてさらに収入が欲しい場合は、かけもちをすることで収入アップも見込めます。空いた時間を有効活用してお金に変えましょう。

        質屋で1・2・3万円を借りる

        1万円から3万円借りるなら質屋で借りるか、自分の手持ちの品を売るという意見もありました。

        オークションやフリマサイトは時間がかかるので「今日中にお金が必要」という場合は不向き、質屋かリサイクルショップが手っ取り早いです。

        必要なものは身分証明書と質入れする品物だけ。給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書類は提出不要であり、印鑑や銀行口座(※)も必要ありません。
        ※ 銀行振込を希望する場合を除く

        海外の有名ブランドが販売するバッグや財布、アクセサリーなどを買取業者に売る事で、今すぐ1,2万円ほどお金を作ることができます。

        高値で売れるもの

        高値で売れる可能性があるのは以下のものがあります。

        • パソコン・スマホ
        • 電化製品
        • ブランド物のバッグや腕時計
        • 宝石やアクセサリーなどの宝飾品
        • 金やプラチナ

            ただし、パソコンやスマートフォン、電化製品やカメラなどは常に新製品が販売されています。
            そのため、少しでも古い機種は型落ちしてしまって、希望するような高値では売れない可能性があります。

            また、ブランド品や腕時計、宝石などもかなり品質がよくないと値段は下がってしまうので注意してください。

            クリジットカードで1万円から3万円借りる

            審査不要でキャッシングするなら、手持ちのクレジットカードにキャッシング機能があり、少額の借り入れで済むならそちらでお金を借りるのが一番簡単でしょう。

            クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠というものが存在します。多くの人が持っているクレジットカードには使い方が2種類あります。

            1. 買い物をして後でお金を払う:ショッピング枠
            2. 生活費など必要なお金を借りる:キャッシング枠

            クレジットカード申し込み時(契約時)にキャッシング枠が設けてあるならば、決められた限度内でお金を借りることができます。

            コンビニATMや銀行ATMなどで借りることができるので、新たにカードローン申し込みをするのと比べるとシンプルで簡単です。

             ショッピング枠は、ほとんどのクレジットカードに最初からついていますが、キャッシング枠はついていない場合があります。

            ただし注意しなければ、限度額や利息(金利)がいくらかかっているのか、今月の返済はいくらになるのか、自分では判断しきれないところも出てきます。

            その為、クレジットカードを利用しているのであれば、しっかり分けて管理ができるキャッシングを利用する必要があるのです。

            クレジットカードで払える物を払う

            クレジットカードにキャッシング機能がない場合でも、代金が1万円から3万円程度で、クレジットカードで支払い可能なものならカードで支払えばとりあえずその場はお金が足りなくてもしのげます。

            給料日前で飲み会の参加費が足りないようなら、会計の時に自ら会計係を買って出ましょう。

            飲み会では他の参加者から現金で会費を回収し、お店には自分のクレジットカードで全員分の会計を済ませれば、飲み会の参加費も支払えて、当面必要な現金まで手に入れることもできます。

            しかし、カードや公共料金の自動引き落とし日が近いのに銀行残高が足りず、不足している分の補填で1万円から3万円だけ借りたいという場合は使えない手なので、その場合は次の項目を読み進めてください。

            銀行や消費者金融カードローンで1・2・3万円借りる

            • クレジットカードは持っていない
            • さすがに1万円から3万円を借りるのに親には言えない
            • 親や知人に対して恥を掻くくらいなら消費者金融でバレずに借りてすぐ返す

              インタビューの結果、1万円から3万円を借りるだけならカードローンで借りてすぐに返すとの声が多数ありました。

              ですがそんなに早く1万円から3万円も借りることが出来るのでしょうか?

              運転免許証があればスマホから審査が可能

              1万円から3万円借りる程度の金額の借入なら、初めて利用する場合は、ほとんどのカードローンで収入証明書の提出が不要です。

              必要な書類は運転免許証やパスポートなど顔写真付きの証明書類だけ。これらは本人確認書類として利用されます。書類の提出も今はスマホのカメラで書類を撮影し、写真を添付ファイルとして送るだけで完了します。

              アルバイトや主婦のパートの方でも1万円から3万円程度なら即日融資で借りれる可能性が高いです。

              保証人も担保も必要ない

              1~3万円借りたい程度であればキャッシングやカードローンで保証人も担保も必要ありません。

              本人の信頼で借りることができ、安定した収入のある人ならパートやアルバイト、派遣社員の方にも利用できます。特別な準備も必要なく、必要なときにすぐに手続きを始めることができるのです。

              今日中に1・2・3万円借りたい!即日融資の条件

              今日中に1・2・3万円借りたいなら、以下の手順で申込みを済ませてみてください。

              1. webで申込み
              2. 自動契約機へ向かう
              3. 自動契約機で審査結果を聞く
              4. 借入手続き
              5. ローンカード発行
              6. ATMで現金を受け取る

              足りない金額を借りるまで、1分も時間を無駄にすることなくスムーズに借りることができます。

              消費者金融の返済額は1日24円とそこまで高くない

              ちなみ1万円~3万円借りた時の利子ですが、一番高い大手消費者金融の金利が18.0%なので、5万円借りたとしても返済額は一日当たり25円になります。

              計算式:50,000円×0.18(18%)÷ 365日 = 24.65円(約25円)

              何を節約すれば利子代を浮かせることができるか借入額別に表にしてみました。

              借入額1日当たり(年利18.0%)何を節約すれば元が取れるか
              2万円9円お風呂の水を半分にして節約
              5万円24円無駄な電気を節約
              10万円49円歩くなどして電車代を節約
              30万円147円ペットボトル1本を節約
              50万円246円自炊して節約

              300円程度でも余分に返済するのがいやだというのであれば、消費者金融のカードローンで設定されている無利息期間を利用するのがオススメです。

              大手消費者金融では、ほとんどの場合「初回利用のみ・30日以内」という条件が設定されています。利息の上乗せ無しに返済できるのは非常に大きなメリットです。

              それぞれの審査通過率や特徴はこちらの記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。