お金を借りる
5万円から10万円借りるとなった時、確実に借りられる方法はあるのでしょうか?そこで今回は、5万円から10万円借りたいと思っている人のタイプ別に、借り入れ方法をご紹介していきたいと思います。

5万円から10万円借りるには?属性別の対処法

5万円から10万円借りたい!1万円から3万円を借りるなら親(家族)や友人に頼めるばいいのですが、10万単位のお金を借りるとなると借りるのも難しくなってきますよね?

金融機関から借りるにしても、5万円から10万円借りる理由や、いつ必要なのかによっても選ぶ会社が変わってきます。

考えられるニーズとしては

  • 今日中に必要
  • 無職だけどお金が必要
  • ブラックで断られる可能性が高い
  • はじめてで不安

    などさまざまあるでしょう。そこで今回は、5万円から10万円借りる人のタイプ別に、おすすめの借り入れ方法をご紹介していきたいと思います。

    とにかく急いでいる人や初めての人が5万円から10万円借りるには

    どうしても今日中に5万円から10万円借りる必要がある、とにかく急いでいるという人には大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

    なぜ銀行でなく大手消費者金融がおすすめかというと、夜まで対応してくれる自動契約機があるからです。

    銀行カードローンや中小消費者金融でも、即日融資を行っている業者はたくさんあります。

    ですが、そのほとんどは振り込み融資となるので、14時までに契約手続きが完了していなければなりません。

    しかし自動契約機なら、どこも大体21:00頃までは即日融資のチャンスがあります。事前にネットで申し込みをして、審査に通ったら自動契約機でカードを作る。

    そうすることで、自動契約機の営業終了後でもATMで時間を気にせず出金することができます。

    大手消費者金融はシステム化により審査が早い

    5万円から10万円借りると思い立ってから、大手消費者金融は審査がシステム化されているので結果がわかるのが早いです。

    多少柔軟さには欠けるかもしれませんが、急ぎならば審査落ちした時のことも考えて行動した方がいいので、スピード審査という条件は外せません。

    ただし、短期間に多くの業者に申し込みをすると、申し込みブラックとなり審査落ちしてしまう為、1社否決だとしたら2社目の業者選びには慎重になる必要があります。

    事前に、公式サイトのお試し診断でチェックしてみるなどの準備はしておくとよいでしょう。

    審査での必要書類

    お金を借りようと思ったらどの金融機関でも必要書類の提出があります。

    本人確認書類運転免許証、健康保険証+1点(住民票等)、パスポート、顔写真入りの住民基本台帳カードなど ※いずれか1つ
    収入証明書(50万円を超える場合)源泉徴収票、課税証明書、直近の給与明細書、所得証明書、確定申告書など ※いずれか1つ

    それぞれ書類は複数の証明書の中から選ぶことができるので用意しやすくなっています。ちなみに、書類提出は下記の流れで簡単に行うことが出来ます。

    申込から借入までの流れ

    必要なものがそろったら、以下の手順で申し込みを進めてください。

    • 公式ホームページにアクセス
    • 申し込み
    • 個人情報や希望金額などを入力
    • 必要書類の提出
    • 審査開始・在籍確認
    • 審査完了

    審査開始から審査完了までの手続きを最短30分となっています。全体の手続きが終わるのは長く見て1時間程度と考えおきましょう。

    あわせて読みたい

    消費者金融は金利が高いのでは?

    「5万円から10万円借りるとしても消費者金融だと金利が高いのでは?」と思う人もいるかもしれません。

    ですが実は昔と違いカードローンの金利はかなり低くなっています。

    1ヶ月あたりの利息はこちら。

    消費者金融約150円
    銀行カードローン約120円
    クレジットカード(キャッシング)約150円
    クレジットカード(ショッピング)約120円

    ですから、5万円から10万円借りる場合でも、着実に返済していけば心配する必要はありません。

    10万円を年利18%で借りて毎月1万円返した場合のシミュレーション

    今回の目標の最大値である10万円借りる時の返済シミュレーションはこの通り。

    返済額(6回)返済額(12回)返済額(18回)返済額(24回)
    プロミス
    17,542円
    9,158円
    6,371円
    4,982円
    アコム
    17,552円
    9,167円
    6,380円
    4,992円
    アイフル
    17,552円
    9,167円
    6,380円
    4,992円
    SMBCモビット
    17,552円
    9,167円
    6,380円
    4,992円

    5万円から10万円借りると思った時、消費者金融の多くは年利18%です。
    それでも、毎月1万円ずつのんびり返して1年以内には返済が完了し、支払う利息の合計は約9,113円です。

    30日間無金利が利用できれば、上記の表と同じ返済の仕方で支払う利息の合計は約7,450円になります。もちろん、もっとたくさん返せるときは一度に3万円返済するなどすれば利息はもっと安くなりますよ。

    アルバイトでも5万円から10万円借りることは出来る?

    非正規雇用…つまり、派遣社員やアルバイト・フリーター・パートの人なども「キャッシング審査に通りにくい」と思われがち。

    しかし、これら非正規雇用の人は、カードローン審査では問題ありません。

    銀行・消費者金融のカードローン利用条件

    5万円から10万円借りるとなった時、カードローンを利用できるのは次の条件を満たす場合に限られます。

    • 20歳以上であること
    • 安定した収入を得ていること
    • 金融機関の審査基準を満たすこと

      なお、銀行カードローンは日本在住であることや外国籍の人は日本の永住権を持っていること、保証会社の保証が受けられることなどの条件があります。

      カードローン審査で必要なのは「自分の収入がある」ということで、アルバイト・パートなどの人は、それを満たしているから問題ないと言えます。

      正社員でも20歳未満はダメ

      アルバイトや正社員として働いていても、年齢が20歳未満の場合はキャッシングは利用できません。
      これは消費者金融でも銀行カードローンでも同じです。

      学生でもアルバイトをしていれば借りれる

      一方20歳以上であれば学生でもアルバイトなどで安定した収入を得ている人は、5万円から10万円借りることが出来ます(イオン銀行カードローンなど一部の銀行では学生の利用はできません)

      では、どれくらいの額が借りられるのかというと、消費者金融の融資可能額は「年収の3分の1まで」と決められています。

      アルバイトの立場学生主婦その他
      月収4万円~5万円7万円~8万円15万円~20万円
      年収約60万円約90万円約210万円
      借り入れ可能額約20万円約30万円約70万円

      これは正社員や派遣社員、パート・アルバイトでも同じです。

      また、この3分の1までの額は新規に申し込む額だけでなく、すでに他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングで借りている分が含まれます。

      ただし、“年収の3分の1までなら絶対に借りられるというわけではない”ので注意しましょう。

      ブラックリストだけど5万円から10万円借りることは出来る?

      延滞が続いてブラックになったり、債務整理を行ってブラックになったりした人の場合は、5万円から10万円借りると思っても、5年から10年が経たないと、新規で借りることはできません。

      金融事故登録期間(※)
      長期延滞(61日以上)最長5年
      強制解約最長5年
      任意整理最長5年
      個人再生(民事再生)最長5年
      代位弁済最長5年
      自己破産最長10年

      ※個人信用情報機関によって異なります。※金融事故の解決からの期間となります。

      大抵の場合は、“債務が解消してから5年から10年”なので、延滞の残金がまだ残っている場合などは基本的に借入ができません。

      更に債務整理などをした場合は、対象となったカードローン会社では二度と借りることはできないので注意が必要です。

      ブラックリストの人はどうしたらいい?

      ブラックリストに載っている人が5万円から10万円借りる場合、金融機関でお金を借りるためのポイントがただ1つだけあります。

      それは「ブラックでも相談可能」と言ってくれる柔軟な金融機関を探すこと。

      消費者金融会社実質年率借入限度額備考
      セントラル4.8%~18.0%100万円セブンATMで使用可能なローンカードあり
      フクホー7.3%~20.0%200万円2chで「神金融」との噂が
      エニー5.0%~20.0%500万円債務整理しても申込可
      サンクスダイレクト7.3%~18.0%300万円年齢上限なし
      ご融資どっとこむ18.0%~20.0%2000万円属性に合わせた多彩なローン
      TRYフィナンシャル/
      ぽちスマくん
      9.85%~18.00%300万円新興・小規模だから積極融資
      マンモスローン7.30%~15.00%2000万円他社借入のおまとめ専門

      5万円から10万円借りる時、大手であろうと中小であろうと消費者金融に違いはありません。
      ですが中小消費者金融に流れてくる申し込み者の多くは大手消費者金融に審査落ちした人が多い傾向にあります。

      融資を行う相手がなければそれぞれの業者の経営も成り立ちませんよね?そのため、中小の消費者金融では「ブラックリストに載っている=即審査落ち」ということにはならないのです。

      5万円から10万円借りる!無職でも融資可能?

      5万円から10万円借りるけど無職だから無理かも。一口に「無職」と言ってもその中には色々な種類があり、どのような無職に当てはまるかによって5万円から10万円借りる時に借り入れを行えるかどうかが異なります。

      そこで無職の人を分類して5万円から10万円借りる場合の対策法を見ていきましょう。

      専業主婦は銀行カードローン

      無職(専業主婦)の人が5万円から10万円借りる場合は、銀行カードローンを選ぶことになります。

      実質年率借入限度額審査時間
      ジャパンネット銀行2.5%〜18.0%最大1,000万円3営業日
      イオン銀行カードローン3.8%〜13.8%500万円翌営業日
      セブン銀行カードローン15.0%10〜50万円2営業日

      この背景には「専業主婦を行えているということは、配偶者の稼ぎがしっかりしているのだろう」という融資側の判断があります。

      ただし、借り入れを行うのはあくまで専業主婦なので、一般なら限度額300万円までだけれど、専業主婦の場合は30万円まで等、上限金額は通常の場合よりも低めに設定されていることが多いです。

      とは言え、5万円から10万円借りる程度の借り入れであれば金額的にも問題ないでしょう。

      また、消費者金融の中には「配偶者貸付制度」という制度を利用できるところがあります。

      大手消費者金融では手間が掛かる割にうま味があまりないため、扱っているところがほぼありませんが、アローやエニーや、サンクスダイレクトなど、中小消費者金融であれば探せば30万円までなど限定して行っていることもあるので検索してみましょう。

      年金受給者が5万円から10万円借りるには?

      年金受給者の人が5万円から10万円借りる場合、借り入れを行えるかどうかは金融機関が年金を「収入」ととらえてくれるかどうか、という一点に尽きます。

      年金=収入という扱いなのであれば、安定した収入ありと見なされるため5万円から10万円借りる場合に融資を受けることができます。

      カードローン年金収入のみでの借り入れ
      三井住友銀行カードローン
      三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
      みずほ銀行カードローン
      じぶん銀行カードローン「じぶんローン」
      イオン銀行カードローン「カードローンBIG」
      新生銀行スマートカードローンプラス
      ソニー銀行カードローン「MONEYKit」
      セブン銀行カードローン

      上記以外にもあると思いますが、ハッキリとした記載がない場合には事前にコールセンター等に電話をかけて聞いてみると良いでしょう。

      他にもある!必要な時に今すぐ5万円から10万円を借りる方法

      5万円から10万円借りたいけど無職だから無理かも。最後に失業者の無職ですが、失業者の人は基本的に借り入れを行うことはできません。

      ですが、お金を借りることができるのはカードローンだけではありません。
      ここからはカードローン以外で今すぐ5万円から10万円を借りる方法を見ていきましょう。

      急ぎでないなら公的制度を利用しよう

      失業者が今すぐ5万円から10万円借りることは出来ませんが、失業者の人は銀行カードローンや消費者金融で今すぐ5万円から10万円が必要な場合でも借入を行うことはできません。

      そうなった場合に利用できるのは公的な制度が中心になってきます。

      総合支援資金

      社会福祉協議会が生活困窮者向けに取り扱っている融資に、総合支援資金というものがあります。

      失業者が生活を立て直すために用いられる融資で、連帯保証人を立てることができる場合は無利子、そうでない場合も非常に低い金利で借り入れを行うことが可能です。

      総合支援資金には以下の3種類があり、同時にハローワークなどによる相談支援も行われます。

      資金の種類資金の目的
      総合支援資金生活支援費生活再建までの間に必要な生活費用
      住宅入居費敷金、礼金など住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用
      一時生活再建費生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費でまかなうことが困難である費用(就職・転職のための技能習得、債務整理をするために必要な費用など)
       申込むには都道府県社会福祉協議会に相談、必要書類を提出して承認を受ける必要があります。また実際の借入までには1~2か月ほどかかる場合もあるので注意が必要です。

      持っている物を売って5万円から10万円を借りる

      また、誰でも実践しやすい方法として、持っている物を売って5万円から10万円を借りる方法もあります。
      ブランド物の洋服やバッグ、家電など、家の中にお金になりそうなものがないか探してみてください。

      もしもブランド物の洋服やバッグなどを持っている場合は、リサイクルショップよりもブランド品専門の買取業者に持ち込むのがおすすめです。

      今すぐ5万円から10万円が必要なら車売却も検討を

      今すぐ5万円から10万円を借りる必要がある。そんなとき、車を売ってしまえばまとまったお金がすぐに手に入ります。

      早く売りたい・高く売りたい方は車の無料一括査定サービスがおすすめです。車種名・メーカー名・年式・走行距離を入力するだけで査定額がパッとわかります。

      一括査定は一番高い買取業者を選ぶことができるので、手間も省け、効率よく高額の査定をしてくれる業者を見つけることができますよ。

      買取額が気に入らないのであれば売らなくても大丈夫なので参考までに無料査定してみてはいかがでしょう。

      定期預金担保貸付を利用して5万円から10万円を借りる

      定期預金を持っているなら、定期を担保にしてお金を借りる「定期預金担保貸付」で5万円から10万円を借りることが出来ます。

      通帳や証書タイプについては窓口での手続きが必要ですが、こちらも基本的に当日中の借入が可能です。

      借入限度額は「定期預金の90%もしくは200万円~300万円のいずれか少ない方まで」という場合が多いです。定期預金担保貸付なら定期を解約せずにお金をおろせるので、定期がある方はまずこの方法を検討してみましょう。

      5万円~10万円を借りる【タイプ別対処法】

      5万円~10万円を借りると一口にいっても様々な方法があります。

      金欠の悩みはいつどこで起こりうるかは誰にも分かりません。緊急時に備えて、お金を準備するための方法を覚えておいて損はないでしょう。

      5万円~10万円を借りる方法、稼ぐ方法、手に入れる方法はたくさんありますが、その方法でお金を工面するかはその人次第です。

      それぞれのライフスタイルに合ったお金との付き合い方があります。今の自分にもっとも適していると感じた方法で、ピンチを脱出できるように努めてみてください。