お金を借りる
絶対に借りれるカードローンはあるの?審査があるかぎり100%絶対に借りれるとは言い切れませんが、借りれる可能性が高くなる方法は存在します。

絶対に借りれるカードローンはないの?

という人のために、闇金に手を出さずに利用できるキャッシング方法について解説していきます。

絶対に借りれるカードローンの有無についても紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてください。

今が狙い目!
土日も来店不要・最短1時間融資

特徴のまとめ
プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
レディースローンあり

アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
来店不要でネット完結
モビット・事前審査結果最短10秒
WEB完結申込の利用で電話連絡なし

※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

【結論】絶対に借りれるカードローンなんかあるわけがない

絶対に借りれるカードローン会社はあるのか、と言われれば「絶対借りれるカードローンはない」と答えざるを得ません。

なぜ100%絶対はないの?

カードローンの審査は借入申込書の記入内容と信用情報機関から取得したデータによって大方決まります。

申込者と同じようなパターン類型を持った過去の顧客や現在の顧客を抽出し、リスク確率を求めて最終決定するのです。

もちろん在籍確認をしっかり行い、在籍が確認できない場合はいくら信用情報のデータが良くても、貸し倒れリスクの確率が低くても審査に通ることはありません。

ただし、絶対に借りれるカードローンはないものの、通りやすくする方法は存在します。

ではいかに動けば審査に通りやすくなるのか、見ていきましょう。

絶対に借りれるカードローンの条件は?まずは自分の金融状況を把握

絶対に借りれるカードローンの条件は?カードローンの申し込み先は自分の金融状況によって変わります。
まずはあなたの現在の状況を確認してみましょう。

お金を借りる

絶対審査に通るカードローンはありませんが、審査の厳しいカードローンというものはあります。その順番としてはこの通り。

  1. 都市銀行カードローン
  2. 地方銀行カードローン
  3. ネット&無店舗型銀行カードローン
  4. 大手信販系&消費者金融
  5. 中小消費者金融

例外は多数ありますが大まかに分けるとこのような難易度になります。

銀行カードローンは2018年から自主規制の傾向に

審査通過の面でいうと今の銀行は絶対に借りれるカードローンから1番遠くなってしまうかもしれません。

それもそのはず、2018年1月より銀行カードローンでは即日融資が不可となりました。

  1. 問題の内容としては、返済能力が明らかにないのに下請けの会社に審査と保証を付かせることで、年収の1/2までの借入ならお金を借りることができた。
  2. 完全な専業主婦でもどうにか銀行カードローンを発行することで50万円くらいまでは融通することができた。

これらが、銀行の私利私欲で多重債務者を増やす結果しかならないと上記の問題がNHKのクローズアップ現代で2017年4月12日に放送されて問題定義されたのです。

その後、麻生太郎財務大臣の意見で「急遽総量規制に銀行も適用することはないが今後検討していく」との声を受け、2018年から銀行カードローンは現在自主規制しているところが多いです。

貸付け審査にあたり、信用情報機関の情報等を活用するなどして、自行・他行カードローン、貸金業者の貸付けを勘案して返済能力等を確認するよう努める。

引用:銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ

特に金融ブラックなら残念ながら銀行カードローンで審査落ちする可能性が高いです。銀行は、過去の過ち(異動情報)を審査上、非常に重視します。

絶対に借りれる消費者金融はないの?

大手消費者金融でお金を借りる可能性のある人としては

  1. 借入件数が3件以内
  2. 借入総額が年収の1/3以内
  3. 借入総額と借入希望額の合計が年収の1/3以内

上記の条件を満たす人であれば他社借入があっても大手消費者金融で借りられる可能性があります。

ここで良くある勘違いというのが、大手消費者金融1社に落ちた=大手消費者金融はどこもお金を借りれないと思ってしまうこと。

それぞれの金融機関によって審査基準というものが異なります。

 ですから保証会社の違いによっては、アイフルの審査には落ちたけれどプロミスではお金を借りることが出来たというケースや、その逆もあり得るのです。

絶対に借りたい人におすすめのカードローンは?

大手消費者金融会社のアコム、プロミス、アイフルは月別に契約率のデータを公表しています。そこで2018年7月から12月までの半年間を比較してみました。
消費者金融で借りる
アコムプロミスアイフル
2018年7月41.6%44.6%45.3%
2018年8月43.7%46.4%46.0%
2018年9月43.4%45.9%46.3%
2018年10月45.0%47.0%45.9%
2018年11月44.7%45.9%45.5%
2018年12月43.7%43.4%42.8%
6か月平均43.7%45.5%45.3%
上記のようにそれぞれのカードローンによって審査基準は違います。
絶対に借りれるカードローンは存在しませんが1社に落ちてしまったから大手消費者金融ではもう借りられないだろうと諦めるのは時期尚早といえるでしょう。

絶対に借りたい人におすすめの中小消費者金融は?

一部の消費者金融のフリーローンであれば、異動情報があっても借入れ可能な所があります。つまり、過去がブラックでも借りることができるということ。

お金を借りるところ大手カードローン中小消費者金融
審査の特徴最初は自動診断最初から人の手で審査
審査落ちする人の特徴信用情報に傷がある
借入件数が多い
借入総額が年収の3分の1

中小消費者金融は審査の際「現在志向」を重視しており、過去の過ち=事故歴を足きり(審査落ち)の対象としていない部分もあります。

一部の小規模金融機関であれば相談可能

絶対に借りれるカードローンではありませんが、一部の小規模消費者金融、いわゆる「街金」であればブラックであっても融資を行っていることもあります。

 ただし、審査が優しそうだからという理由だけで業者を選ぶのは危険です。審査の甘さだけを掲げる金貸し屋の中にはヤミ金事業者も紛れているので、必ず信頼できる中堅消費者金融を選ぶようにして下さい。

大手カードローンはダメでも中小のキャッシングには通ったという口コミもあり、審査基準が違うのでチャンスはあります。

一部の有名どころの中小消費者金融は以下の通り。

消費者金融会社実質年率借入限度額備考
セントラル4.8%~18.0%100万円セブンATMで使用可能なローンカードあり
フクホー7.3%~20.0%200万円2chで「神金融」との噂が
エニー5.0%~20.0%500万円債務整理しても申込可
サンクスダイレクト7.3%~18.0%300万円年齢上限なし
ご融資どっとこむ18.0%~20.0%2000万円属性に合わせた多彩なローン
TRYフィナンシャル/
ぽちスマくん
9.85%~18.00%300万円新興・小規模だから積極融資
マンモスローン7.30%~15.00%2000万円他社借入のおまとめ専門

絶対に借りれるカードローンがない以上工夫すべきはココ

絶対に借りれるカードローンがない以上工夫すべきは審査条件をよくするところにあります。ここでは条件をみていきましょう。

  1. 収入の大小ではなく、安定度が大事
  2. 他社借入件数を少なくする
  3. 他社借入金額を少なくする
  4. 虚偽申告をしない
  5. 信用情報に傷を付けないようにする

収入の大小ではなく、収入の安定度が大事

  • 今月はアルバイト収入が30万円あったけれども、来月以降は仕事があるか分からないAさん
  • 毎月3万円のアルバイト収入が確実にあるBさん

絶対に借りれるとは限りませんが、この場合、BさんよりもAさんの方が審査に落ちる可能性は高いです。

この2人を比べてみると、今月だけの収入ではAさんがBさんの10倍もありますが、来月以降が分からないのではきちんと返済することが約束できず「返済能力」に欠けていることになります。

対してBさんは少ないながらも毎月確実に収入があるので「きちんと返済」していける約束ができるので「返済能力がある」とみなされるのです

他社借入件数を少なくする

カードローンやキャッシングは審査の際、個人情報信用機関に照会を行い、他社借入件数・他社借入残高や過去の債務整理について審査します。

この他社借入件数・他社借入残高が審査通過のための次のポイントです。

 いくら安定した収入があっても、その多くを他社の返済に使っているようでは新たな融資をしてもきちんと返済される可能性が低い(=返済能力が低い)と判断され、審査に落ちてしまいます。

特に他社借入件数が多い場合「それだけ多くから借り入れするほどお金に困っている」と見なされ、審査落ちにつながるのです。

「A社の利用限度額100万円のうち20万円・B社の利用限度額50万円のうち10万円」というようにバラバラに借り入れしている場合は、なるべくまとめてしまい、他社借入件数を減らしましょう。

目安として他社利用件数は3件までに抑えてからカードローンやキャッシングに申し込むことをおすすめします。

他社借入金額を少なくする

通りやすいキャッシングというものがあっても、総量規制を超える借り入れは正規の金融機関である限りまず間違いなく不可能です。

というのも消費者金融やクレジットカード会社は「貸金業法」という法律によって制限されています。

カードローンについて調べているとよく目につく「総量規制」は、貸金業法内の一項目です。

総量規制

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。

引用:貸金業法について

これは個人に対し融資を行う場合、年収の3分の1を超える貸付を禁止する、というもの。つまり年収300万円の方を相手にした場合、100万円を超えるお金を貸すことはできないようになっています。

【意外】クレジットカードで総量規制に!?

この時、意外なことにクレジットカードをたくさん持っている人は審査に通るのが難しくなります。

クレカには通常のショッピング枠以外に「キャッシング枠」というものがあります。

これを設定していると、キャッシングしていると同じこととみなされ、総量規制に引っ掛かる可能性があるのです。

自分が持っているクレジットカードにキャッシング枠が付いているかどうかを調べてから申し込んでもいいのですが、それよりもできればカードを解約してから申し込んだ方がカードローンの審査に通る確率は高くなると思われます。

虚偽申告をしない

絶対に借りれるカードローンはないにしろ、通りやすい所でこの入力情報が間違っていたり、ウソだったりするとどうなるのでしょうか。

結論からいうと間違いなく審査に落ちてしまいます。

勤務先は会社に審査担当者が電話をかけて確認を行っているので、虚偽申告は通じません。

年収は先方に怪しまれて収入証明者を提出すればバレますし、勤務先と勤続年数からおおよその年収は推測することもできます。

 勤続年数は裏付けをとって確認しているわけではありませんが、年収と勤務先から、おおよその勤続年数を推測することができます

このように複数の情報を総合的に判断することによって、当該情報が嘘か本当かを推測することができるのです。

特に年収、職業などでウソを貫き通そうと思っても、膨大なサンプルに照らし合わせると不自然さが出てくるので、審査落ちにもなりかねません。

審査に通りたいがために、借り入れ金額を少なくしたり、年収を盛ったりしないようにしましょう。

信用情報に傷を付けないようにする

信用情報機関に延滞情報や債務整理情報などの金融事故情報が登録されている場合、カードローンの審査には通りません。

信用情報機関とは、消費者のクレジットカードやローンの利用履歴である信用情報を金融機関から集めて管理している機関です。

参考:日本貸金業協会

  • 債務整理(任意整理、特定調停、個人再生、自己破産)をした
  • 代位弁済をした
  • 2か月を超える長期延滞をした
  • 契約したカードローンなどで強制解約を受けた
  • 申込みブラックになった

    もし延滞をしてしまった場合、延滞をしたという情報が金融機関から信用情報機関に登録され、5年間残ります。

    絶対に借りれるカードローンの条件は不動産!?

    絶対に借りれるカードローンは何度も言うようにありません。が、カードローンの審査にかなり通りやすくなると思われる条件が「不動産」の所有です。

    分譲マンションや自己所有の一戸建てに住んでいて、住宅ローンがない状態なら更にカードローンの審査に通る確率はかなり高まります。

     カードローンは無担保で借りることが出来ますが、担保になるような不動産があればかなり大きなプラスになります。

    ちなみにこのような不動産を持っているなら、比較的審査が厳しいといわれている銀行カードローンに挑戦してもいいかもしれません。

    絶対に借りれるカードローンと謳う闇金には注意

    何故こうも絶対に借りれるカードローンは存在しないと協調しているのか。

    それは絶対に借りれる・激甘審査と謳う業者は=闇金と考えなければならないからです。

    絶対に借りれる・誰でも貸します・には接触しない

    絶対に借りれるカードローンなど、お金に困っているときほど魅力的に映る言葉があります。

    • 絶対に借りれるカードローン
    • 無審査キャッシング・無審査で貸します
    • 100%融資

        このような見るからに怪しい広告には、絶対近づかないようにしましょう。

         現在利息制限法で定められている金利(借り入れ額が10万円未満の時、最大20%)より高い金利で貸し付けを行うのはすべて闇金です。

        ヤミ金業者の中で、金利を伏せて魅力的な文面を使い、お金に困っている人を誘う手口が横行しています。

        無審査で貸してくれるのは確かなのですが、その後は法外な利息の請求や脅迫、個人情報の悪用に悩まされることになってしまうのです。

        闇金に引っかかってしまったら、早急に弁護士や司法書士へ相談を行ってください。

        行政サービス「法テラス」を使えば、少し予約に時間は掛かりますが無料での相談が可能です。