お金を借りる

状況別の借入先一覧

キャッシングと一口で言っても、あなたが借入において何を最も重視するかによってその答えは大きく変わります。この記事ではカードローンから学生ローン、住宅ローンまでおすすめの借入先をまとめています。

借入のおすすめは状況によって違う

昨今、銀行での借入の過剰融資問題によって融資額の引き下げや審査承認率の低下が懸念されています。

そのため、審査・融資スピードや、申し込み・利用のしやすさを重視して消費者金融の借入を検討している人が増えているのをご存じでしょうか。

消費者金融は銀行借入に金利条件では劣りますが「最短審査30分回答」「最短即日融資も可能」「自動契約機で即時カード発行」などメリットが多く「無利息サービス」を活用すれば一定期間内の利息が0円。銀行での借入よりも金利と利息がお得になります。

そこでこの記事では初めて方におすすめの人気の借入先をおすすめ別にご紹介します。

  • 最短審査30分回答
  • 最短即日融資も可能
  • 自動契約機で即時カード発行
  • 無利息サービス

    などFPが独自の目線でご紹介しているので参考にして下さい。


    今が狙い目!
    土日も来店不要・最短1時間融資

    特徴のまとめ
    プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
    レディースローンあり

    アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
    来店不要でネット完結
    モビット・事前審査結果最短10秒
    WEB完結申込の利用で電話連絡なし

    ※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
    ※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

    即日融資で借入したいなら消費者金融

    申込をしたその日のうちにお金を借りたいなら「即日融資」に対応した金融機関を選ぶ必要があります。

    消費者金融で借りる

    以前は銀行カードローンでも即日融資を利用できるところもありましたが、現在ではすべての銀行で即日融資の利用はできなくなってしまっているので注意が必要です。

    つまり即日融資を利用するには、おすすめの借入先は消費者金融のカードローン1択ということになります。

    ただしあなたが求めるものにより、同じ大手消費者金融でもおすすめの消費者金融会社も違ってきます。ここで、消費者金融の借入条件からあなたに合ったカードローンを見ていきましょう。

    項目①利用者数でおすすめの借入先を選ぶ

    まずは消費者金融の「利用者数・貸付金残高」のおすすめから見ていきましょう。
    人気のカードローン=利用者数からも読み取ることが出来ます。

    名称貸付残高会員数
    アコム7,972億円148万人
    SMBC CF
    プロミス・SMBCモビット
    7,607億円134万人
    アイフル3,417億円79万人
    レイクALSA
    J.Score

    ※2018年時点のデータ

    項目②審査通過率でおすすめの借入先を選ぶ

    大手消費者金融会社のアコム、プロミス、アイフルのみ月別に契約率のデータを公表しています。そこで2018年7月から12月までの半年間を比較してみました。
    なお、審査通過率(成約率)、利用者数・新規申込者数については、各消費者金融の公式サイトにて一般公開されているためこちらを参考にしています。
    アコムプロミスアイフル
    2018年7月41.6%44.6%45.3%
    2018年8月43.7%46.4%46.0%
    2018年9月43.4%45.9%46.3%
    2018年10月45.0%47.0%45.9%
    2018年11月44.7%45.9%45.5%
    2018年12月43.7%43.4%42.8%
    6か月平均43.7%45.5%45.3%
    上記のように審査難易度で選ぶなら現在のおすすめはプロミスとなっています。

    項目③金利・限度額でおすすめの借入先を選ぶ

    消費者金融の「金利・限度額」でおすすめの借入先を選ぶなら以下のような順番となっています。

    消費者金融金利(実質年率)限度額
    J.Score年0.8~12.0%1,000万円
    アイフル3.0~18.0%最大800万円
    アコム3.0~18.0%最大800万円
    SMBCモビット3.0~18.0%最大800万円
    レイクALSA4.5~18.0%最大500万円
    プロミス4.5~17.8%最大500万円

    いずれもかなり大きな金額を借りることが出来ますが、最も限度額が高くなっているのはJ.Scoreとなっています。

    項目④審査時間・融資でおすすめの借入先を選ぶ

    消費者金融の「審査時間・融資スピード」でおすすめの借入先を選ぶなら以下のようになっています。

    消費者金融融資スピード
    アイフル最短1時間
    アコム最短1時間
    プロミス最短1時間
    レイクALSAWebで最短60分融資も可能
    ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
    SMBCモビット最短即日
    J.Score最短即日

    ※申し込み時間帯や審査状況によって、審査の回答が翌営業日になる場合もあります。

    おすすめの借入先で即日融資を受けるためのポイント

    即日融資を受けるには時間との戦いになります。いくらおすすめの借入先でも何時に申し込んでも可能かと言われるとそうではありません。

    • 朝・日中の極力早い時間に申し込む(最短審査時間はあくまで「最短」のため)
    • 必要書類(本人確認書類)を事前に用意しておく

      当日中に融資を受けたい人は特に上記のポイントに気をつけるようにしましょう。

      土日でも借入したい人は「プロミス」がおすすめ

      土日の借入を希望する場合、平日と違って、いくつか注意しておきたいポイントがあります。基本的には大手消費者金融の6社は土日のキャッシングに対応可能です。

      ただし銀行口座への振込キャッシングは土日だと基本的には振込ができないため、ローンカードを発行するために自動契約機を利用することが出来ないというデメリットがあります。

      プロミスは原則24時間、最短10秒で振り込み可能。最初の30日に限り無利息サービスも行っています。また、上限金利が安いのも魅力です。

       その他、WEB契約なら郵送物がない、家族バレの心配は皆無です。在籍確認は必須ですが相談すれば電話による在籍確認を回避してくれます。

      在籍確認の電話をなしに完全に出来るのはココ

      職場への電話連絡なしでお金を借りたい人に1番おすすめな借入先はSMBCモビットです。

      実際にキャッシング会社に取材して調査してみたところ、申し込んでも本当に職場に電話がかかってこないカードローンの会社は意外にたくさんありました。

      カードローン名職場への電話連絡なし
      プロミス〇職場に電話をかけない方向で審査を進めてくれる
      アコム〇職場に電話をかけない方向で審査を進めてくれる
      SMBCモビット◎条件によっては絶対に職場に電話をかけないと明言
      アイフル△職場が休みなど事情があれば電話をかけない方向で審査を進めてくれる
      ノーローン×絶対に職場に電話をかけてくる

      こうしてみるとやはりキャッシングの電話なしについて1番柔軟なのがSMBCモビット。他のカードローン・キャッシング会社と違い、公式HPでも「電話連絡なし」をハッキリ打ち出しているのが印象的です。

      SMBCモビットはWEB完結という契約方法を選ぶだけで、申し込んでも職場の電話が鳴ることなく借り入れできます。

      SMBCモビットWEB完結で申し込める条件
      1. 下記のうちどれか1つの書類を提出する
        (社員証、保険証、給与明細、源泉徴収票)
      2. 本人確認書類として、下記のどちらかを提出
        (運転免許証、パスポート)
      3. 下記のうちいずれかの銀行口座を持っている
        (三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行)

        低金利の借入なら銀行カードローンがおすすめ

        • 急ぎではないけれどお金は必要
        • 即日融資(スピード)よりも金利の安さで決めたい

          このような場合は銀行カードローンでお金を借りることがおすすめです。

          銀行で借りる

          消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利は安いです。まずは、大手銀行と大手消費者金融が展開しているカードローン商品の金利の違いを確認しましょう。

          消費者金融カードローン金利
          プロミス年4.5%~17.8%
          SMBCモビット年3.0%~18.0%
          アコム年3.0%~18.0%
          アイフル年3.0%~18.0%
          レイクALSA年3.0%~18.0%
          三井住友銀行カードローン年4.0%~14.5%
          三菱UFJ銀行 バンクイック年1.8%~14.6%
          みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%
          オリックス銀行カードローン年1.7%~17.8%

          消費者金融の上限金利は18%程度であるのに対して、銀行カードローンの金利は上限15%程になっています。

           初めての借り入れの場合、上限金利が適用されるケースがほとんどです。そのため金利で選ぶなら、銀行カードローンの方が有利と言えます。

          低金利の借入なら地方銀行カードローンもおすすめ

          地方銀行もカードローンを発行していますが、申込が可能な範囲が限られていることが多いため、先ほど紹介したおすすめの借入先からは除外しています。

          しかし、地方銀行の中にはメガバンクに負けず劣らず低金利のカードローンを発行しているところもあるのです。各地方ごとに最も低金利で利用できるカードローンを紹介しましょう。

          地方カードローン金利(年率)
          北海道、東北七十七銀行カードローン
          「77カードローン」
          11.0%
          関東東京都民銀行カードローン
          「パーソナルカードローン」
          9.8%
          中部中京銀行カードローン
          「カードローン“ハイステージ”」
          7.5%
          近畿京都銀行カードローン
          「京銀カードローンワイド」
          11.975%
          中国中国銀行カードローン
          「カードローンミニ」
          10.0%
          四国徳島銀行カードローン
          「SaSaっとカードローン」
          11.5%
          九州豊和銀行カードローン
          「ほうわHighClassカードローン」
          4.0%

          地方銀行カードローンは給与振込者や住宅ローン利用者向けに、一般の人では利用することができないカードローンのラインナップが充実している場合があります

          中には5%を切るような低金利で融資を行っているカードローンも珍しくはありません。

          目的別でおすすめの借入先を選ぶこと

          また、銀行にはカードローン以外にも以上のような様々な種類のローン商品を扱っています。自分に合ったローン商品を選択するようにして下さい。

          ローン商品利用目的融資限度額(相場)審査時間(目安)
          フリーローン原則自由(※)1万円~1,000万円1週間~2週間程度
          カードローン原則自由(※)1万円~800万円2営業日~3営業日程度
          事業者ローン事業資金10万円~1億円2週間~1か月程度
          自動車ローン自動車購入資金10万円~1,000万円2週間~1か月程度
          教育ローン教育資金30万円~800万円2週間~3週間程度
          住宅ローン住宅購入資金50万円~1億円2週間~1か月程度
          リフォームローン住宅増改築資金30万円~1億円2週間~1か月程度
          ブライダルローン結婚資金10万円~800万円2週間~3週間程度

          住宅ローンなら金利プランの変更も自由な楽天銀行

          住宅ローンのおすすめはやはりネット銀行です。今や住宅ローンはネット上で非対面で契約することができる時代です。

          また、非対面だからこそ、店舗管理コストがかからないネット銀行に金利的な分があります。

          さらに、ネット型の住宅ローンは契約手続きもWEB上で完結するので、収入印紙代が発生しないという点も魅力です。

          借入先保証会社対象属性対象年齢金利(年率)
          楽天銀行の住宅ローン自社保証前年度年収400万円以上
          返済比率30%~35%以下
          借入時年齢65歳6ヶ月未満で、完済時年齢が満80歳未満変動0,527%
          じぶん銀行住宅ローン自社保証安定かつ継続的な収入のある人借入時年齢65歳未満で、完済時年齢が満80歳未満変動0.457%
          住信SBIネット銀行自社保証安定かつ継続的な収入のある人借入時年齢65歳未満で、完済時年齢が満80歳未満変動0.447%

          楽天銀行住宅ローンは、特約保険料なしで、死亡や高度障害だけでなく、全保証の団体信用生命保険に加入することができるという点が魅力でしょう。

          また、変動から固定、固定から変動という金利プランの変更も自由になるという点も楽天銀行住宅ローンの魅力の1つです。

          次におすすめする借入先のじぶん銀行住宅ローンは、後述する住信SBIネット銀行と並んで、国内の銀行の中で最も金利の低い住宅ローンを扱っています。変動金利であれば、2018年12月の金利はなんと0.475%と超低金利。

          また、住信SBIネット銀行はじぶん銀行住宅ローンよりも低金利の変動0.447%(2019年現在の金利)というのが最も大きな特徴です。

          信販系カードローンでおすすめの借入先は?

          消費者金融や銀行だけでなく信販系からもお金を借りることが出来ます。おすすめの借入先としては以下の通り。

          カードローン会社金利限度額
          オリックス・クレジット株式会社
          「VIPカードローン」
          3.0~16.8%800万円
          三井住友カード ゴールドローン3.5~9.8%700万円
          オリコ「CREST」4.5~18.0%500万円
          ポケットカード「Fマネーカード」4.4~17.8%500万円
          JCBファーストローン5.8~17.8%500万円
          三菱UFJニコス「ローンカード」6.0~17.6%500万円
          セゾン「MONEY CARD GOLD」6.47~8.47%300万円
          セゾンファンデックス「VIPカードローン」6.5~17.8%500万円
          関東信販13.98~19.98%99万円
          東日本信販18.0~20.0%50万円
          セゾン「MONEY CARD」15.0%100万円
          セディナ「フォーライフ」18.0%200万円

          自分の希望額や金利に合わせて借入先を選ぶようにして下さい。

          属性別で選ぶおすすめの借入先

          借入先はあなたの属性によってもおすすめすべき場所が異なります。そのため、ここからは使用用途に応じたおすすめの借入先を紹介していきます。

          未成年でも学生ローンなら借り入れ可能

          通常の金融会社は20歳以下の申し込みはできませんが、学生ローンなら未成年でもお金を借りられます

          学生がお金を借りる

          18〜19歳でも借りられる学生ローン(高校生は不可)は以下の通り。

          対象年齢金利
          フレンド田18歳以上15.0%〜17.0%
          アミーゴ18歳以上14.40%〜16.80%
          カレッジ18歳以上17%

          ※18歳以上の大学生・短大生・専門学校生・予備校生が対象

           ただしこちらも借り入れが期待できるところというだけで、やはり保護者の方の同意は必須でしょう。返済能力もまだまだ備わっているとはいいがたく、金利も決して低いものではありませんのでよくよく考えて行動しましょう。

          「学生だから……」とやりたいことを我慢してしまうのではなく、ここまで紹介してきたチェック項目をしっかりと踏まえた上で借り入れ先を選ぶようにしましょう。

          審査前にチェック

          専業主婦におすすめの借入先

          専業主婦の方は消費者金融ではお金を借りることができませんが、銀行カードローンであれば少額融資であれば配偶者の同意書や収入証明書など不要でお金を借りることが出来ます

          この場合、本人の身分証明書があれば専業主婦でも融資審査を受けることが出来ます。ただし家族にばれないで申込むにはスマホやPCといったWebでの契約、もしくは自動契約機で申込ことが重要です。

          収入のない主婦の方は、消費者金融ではまず借りれませんが、「楽天銀行スーパーローン」や「セブン銀行カードローン」のような一部銀行カードローンであれば、貸付けを行っています。

           こちらもまたご自身が無収入という形の為、成功率は決して高くはありません。相手方もどうやって返済するのかを心配していますのでその辺のプランはしっかりと持って臨みましょう。

          無職の年金受給者

          公的年金だけで生活していくことができる人は仕事をしていないことが一般的ですが、定職についていなければ分類的には無職に該当します。(本当の意味での無職の方は国や市に相談をされることが賢明です。)

          では、年金収入しかない無職の方は借入ができないのかというと、そんなことはありません。

          確かに年金収入しかない方には貸付を行っていない金融機関が多いのですが、いくつかの銀行では年金収入だけで借り入れが可能となっています。

          カードローン年金収入のみでの借り入れ
          三井住友銀行カードローン
          三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
          みずほ銀行カードローン
          じぶん銀行カードローン「じぶんローン」
          イオン銀行カードローン「カードローンBIG」
          新生銀行スマートカードローンプラス
          ソニー銀行カードローン「MONEYKit」
          セブン銀行カードローン

          カードローン審査に絶対通らないひとにおすすめの相談先

          お金を借りるのにカードローンが便利と言いましたが、ただし審査がある以上、全ての人が通るというわけではありません。

          国からお金を借りる
           通常、急場を凌ぐお金が欲しいがどうしても手に入らないとなった場合、こうした財形貯金や定額貯金を崩す必要が出てきますが、この方法を取れば財形貯金や定額貯金を崩さずに済むだけでなく、ややこしい審査も無く一時的にお金を借りることが可能になります。

          また、正規の金融会社である以上、個人の債務の合計が年収の3分の1を超過しそうな場合は融資を行うことはありません。

          そのようなときは行政の制度も検討してみましょう。社会福祉協議会が受付窓口となっている「緊急小口資金貸付金」は、その代表例です。

          社会福祉協議会とは各都道府県、市町村単位に置かれている行政主導で作られた非営利の福祉団体のことを言います。

          医療費や介護費などの臨時の支払によって世帯生活費が必要な時

          緊急小口資金貸付金は、医療費や介護費などの臨時の支払によって世帯生活費が必要な時、借りることができる制度です。

          本則特例措置
          貸付対象低所得世帯被災世帯(低所得世帯に限らない)
          貸付上限10万円以内10万円以内(特別な場合※20万円以内)
          措置期間2月以内は返済なし1年以内は返済なし
          償還期限措置期間経過後8月以内措置期間経過後2年以内
          貸付利子無利子無利子
          連帯保証人不要不要

          過去の債務整理で借りられない人におすすめの借入先

          • 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に住居がある
          • 多重債務などの借金を抱えている
          • 母子家庭になったため子供の学費が払えない
          • 家賃の未払いが溜まっていてこれ以上引き延ばせない

          このような人は生活サポート基金でお金を借りることを検討してみると良いかもしれません。

           生活サポート基金はお金の問題で悩んでいる人をサポートするために、2005年に設立された東京都に本部がある一般財団法人です。

          ただし生活サポート基金は、原則として1名以上の保証人が必要です。また、借金の状況によっては「動産や不動産の担保」も求められます。

          このようなデメリットもあるものの、「過去の債務整理でお金が借りられない」という場合は、生活サポート基金に相談するのも検討してみてはいかがでしょうか。

          極甘審査ファイナンスは利用してはダメ

          今回紹介した業者なら、どこも安心してお金を借りられます。また、紹介していない業者でもおすすめのカードローンは存在します。

          しかし、中には絶対に利用してはいけない業者もあり、極甘審査ファイナンスがそのひとつです。

          極甘審査ファイナンスは金融業者を探していると見つけられますが、そのほとんどは闇金と考えて間違いありません。

          極甘やいつでも融資可能という言葉を見ると非常に魅力的に映るかもしれませんが、そういった言葉を宣伝に使用することは貸金業法によって禁止されています。

          つまり、正規の業者が極甘審査ファイナンスと名乗ることはあり得ないのです。

           広告で法律を違反しているということは、貸し付け条件や取り立てでも違法な方法を行うことが予想されます。ですから極甘審査ファイナンスは利用しないようにしましょう。

          借入先のおすすめ業者まとめ

          おすすめの借入と言っても、あなたがカードローン選びにおいて何を最も重視するかによってその答えは大きく変わります。

          低金利のカードローンが良いのであれば銀行カードローンが良いですし、融資スピードが速いカードローンを希望するなら自動契約機がある大手消費者金融を利用しましょう。

          今回紹介したカードローンはどれもおすすめですが、このほかにも借入先は様々あるので、自分に最適な借入先を見つけてください。
          TOP⇒お金を借りる成功ガイド