お金を借りる
この記事では、カードローンを使って生活の足しにしたいけれど審査に通ることができるのか不安な人に向けて審査通過出来るようポイントを説明しています。

カードローン審査に不安な人必見

  • 初めてでカードローンの審査が不安
  • お金を借りたいけど審査が通らない
  • どうしてキャッシングの審査に落ちてしまったかわからない

カードローンを使って生活の足しにしたいけれど審査に通ることができるのか不安。そんな人はかなり多いです。審査は誰でも通るわけではありませんが、巷にはいくつものカードローンやサービスがあります。

では、いったいどこでお金を借りるのがベストな選択なのでしょうか?

そこでこの記事ではカードローンの審査が不安な人に向けて、カードローンの選び方や審査通過のポイントをサイト内にて説明していきたいと思います。

属性によって審査の「甘い」「厳しい」は変わる

カードローンの審査が不安だという人はどの部分を不安に思っているのでしょうか。属性とは申込者が持つ個人情報をまとめたものを総じたものであり、様々な項目からあなた自身の属性が決まります。

お金を借りる対策法

ここで重要となるのが、カードローンの審査の際には、大きく分けて「信用情報」「属性」がチェックされるということ。

カードローン 審査の属性とは

  • 年齢
  • 性別
  • 勤務形態
  • 年収

カードローン 審査の信用情報とは

  • 他社からの借入件数
  • 他社への申し込み
  • 借入額や返済回数
  • 異動情報(債務整理など)の有無

上記のような過去のお金に関する信用取引の情報は、信用情報機関に照会することで審査を進めます。

だから過去に事故情報(ブラックリストのようなもの)が履歴として残っていたりすると、その履歴が残っている間はカードローンに限らず、あらゆるローンにおいて審査通過が難しくなってしまうのです。

ブラックへの「異動」となるのは以下の通り。

  • 返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
  • 返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
  • 裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

    参考:CIC「信用情報開示報告書」

    そして、もう一つ年収の高さよりも安定した収入があるかどうかを重視し、審査を行っています。

     ここでいう安定した収入とは、毎月、給料日に給与を得ているということです。そのため、いわゆる日雇い収入のような職に就いている方は、審査に通らない可能性が高いです。

    【不安を解消】カードローン審査に通りやすくするための対策法

    審査が不安な人が行うべきなのは審査に通りやすくするための審査対策です。
    具体的に審査の対策を見ていきましょう。

    審査の通りやすいカードローンを選ぶ

    ここで適当に選んで申し込んでしまう人が多いのですが、カードローンの審査が不安と思っているなら絶対に考えて選ばなければなりません。

    適当に申し込んで審査落ちしてしまうと、あなたの信用情報に傷がつき、今後お金を借りることが難しくなってしまう可能性も大いにあります。

    審査に通りやすいカードローンを選ぶコツはただ一つ。それは銀行カードローンよりも消費者金融カードローンを選ぶということ。

    金利が高いのになぜオススメ?と思われるかもしれませんが、あえて10万円未満の金利を高く設定しているということは、それだけリスクの高い条件下でも貸付をおこなっていると言えるのです。

    銀行カードローンは審査が厳しくなった

    カードローン審査が不安な人、特に急ぎの融資が必要という人には銀行はあまりおすすめできません。2018年1月より銀行カードローンでは即日融資が不可となってしまったからです。

    貸付け審査にあたり、信用情報機関の情報等を活用するなどして、自行・他行カードローン、貸金業者の貸付けを勘案して返済能力等を確認するよう努める。

    引用:銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ

    銀行カードローンでの自己破産者が増えつつあることを受け、麻生太郎財務大臣「急遽総量規制に銀行も適用することはないが今後検討していく」との声から、2018年から銀行カードローンは自主規制する運びとなり、また審査も厳しくなっていることが予想されます。

    審査が不安な人におすすめのカードローンは?

    アコム、プロミス、アイフルは株主に向けて月別に契約率のデータを公表しています。そこで2018年7月から12月までの半年間を比較してみました。

    消費者金融で借りる
    アコムプロミスアイフル
    2018年7月41.6%44.6%45.3%
    2018年8月43.7%46.4%46.0%
    2018年9月43.4%45.9%46.3%
    2018年10月45.0%47.0%45.9%
    2018年11月44.7%45.9%45.5%
    2018年12月43.7%43.4%42.8%
    6か月平均43.7%45.5%45.3%
    上記のようにそれぞれのカードローンによって審査基準は違います。
    カードローンの審査が不安な人は審査通過率なども考慮して考えてみてはいかがでしょうか。

    不安点:アルバイトやパートなら審査に通る?

    ほとんどのカードローンは、安定した収入があれば利用可能となっています。

    そのため、安定した収入があれば雇用形態に関係なく借り入れが行なえます。
    ただし、金利や限度額は雇用形態や年収などを加味して、それぞれのカードローン会社が独自の審査基準によって判断するので注意しましょう。

    カードローンの審査に通るか不安なら仮診断を受けてみよう

    カードローンを申し込んでみたいと思いながらも「審査に通るか心配で申し込みをためらっている」という人も、中にはいるでしょう。

    カードローンの審査基準は取り扱う業者によって異なり、審査に通りやすい商品もあれば、通りにくい商品もあります。

    そんな時カードローンの審査が不安な方は、公式サイトにある「仮診断」を受けてみてはいかがでしょうか。

    仮診断はそれぞれの公式サイトに「〇秒診断」という形で設置されており「年齢」「雇用形態」「年収」「現在の他社借り入れ」などを入力することにより、事前に融資可能か診断してくれる機能です。(各企業によって項目の違いはあります)

    試しに次の条件で「アイフルの1秒診断」をおこなってみました。

    アイフル

    • 年齢:20歳以上
    • 雇用形態:主婦(パート・アルバイトなどのお仕事をされている方)
    • 年収:50万円
    • 他社借入金額:なし

    この場合、1秒診断では「ご融資可能と思われます」と表示されました。

     なお、各項目に該当したからと位って必ず落ちるとは限りませんし、逆に確実に審査通過するとも限らないので、あくまで参考程度の目安にしてください

    カードローン審査の申し込み情報は正確に

    カードローンの審査が不安な人が一番確実で簡単に行える審査対策は、申込情報を確実に入力すること。

    申込情報と実際の情報と差異があると、その情報を原因に審査落ちとなってしまいます。さらに意図的に収入などの情報で嘘をついたとして悪質だと見なされてしまうことも。

    消費者金融や銀行カードローンは多くの人の審査を行った審査のプロで、申込情報の嘘を見抜くノウハウも持っています。

     特にバレやすい嘘が勤務先の情報と他社借入です。在籍確認として勤務先へ確認電話がかかる為、ここでついた嘘はすぐにバレてしまうので注意しましょう。

    不安点:在籍確認で会社にバレない?

    カードローンの在籍確認審査が不安という人は多いのですが、確認の際、審査担当者がカードローン会社の名前を出すことはまずありません。これは貸金業法第21条5項という法律によって定められています

    そのため、職場の人にカードローン会社から電話だと気づかれる事はないので安心してください。

    年収は手取りではなく総額を記入すること

    カードローンの審査では年収は手取り金額ではなく税金や社会保険料などを含めた総額を書いてください。当然ながら収入は多いほうが審査には有利になります。

    なお、個人事業主の場合「年収」ではなく、「所得」で計算を行う必要があることには注意しておきましょう。

    収入証明書を事前に準備しておくと吉

    収入証明書は申込金額50万円以下でも他社借入額が100万円を超える場合は提出が必要なこともあります。審査の際に貸金業者から提出を求められる場合もあるので事前に準備しておくと良いでしょう。

    不安点:いくらまで借りれる?

    カードローンの限度額(一度に借りられる最大の金額)は審査を経て決まるため、人それぞれで異なります。

    そのため、どのくらい借りられるのかは実際に審査を受けてみないことにはわかりませんが、目安として消費者金融や信販会社では年収の3分の1までと決まられています

     一部の銀行カードローンや消費者金融では借入可能額の目安をチェックできるシミュレーションを用意しているのでそちらを参考にしてみて下さい。

    信用情報が不安な時は一旦時間を置いて申し込みをする

    カードローンの審査が不安な人の中には「自分はブラックで、どうせ審査に申し込んでも落ちてしまう」「借り入れ件数が多すぎて借りれないかも」と思っている人もいるのではないでしょうか。

    信用情報というものを金融機関は共有しており、これには借り入れ状況が全て記録されています。審査時には確実にこの信用情報を確認するため、他社借入の嘘をバレずに審査を受けることはできません。

    信用情報

    各信用情報機関に加盟する会員会社は、相互交流ネットワークを通じて他の信用情報機関に登録されている特定の信用情報を利用することができます。
    これにより消費者の信用力に応じた適正な信用供与が可能となり、過剰貸付を未然に防止する役割を果たしています。

    引用:JICC『相互交流ネットワーク』

    一定の安定した収入があって本人確認と在籍確認がとれても審査に落ちたなら、それは他社からの借入額が多すぎて総量規制にひっかかってしまっているか、過去の借入時に事故をおこしてしまったかのどちらかが有力となります。

    JICCCIC全銀協
    (KSC)
    消費者金融
    クレジット会社
    信販会社
    保証会社
    リース会社
    銀行
    消費者金融
    信販会社
    クレジット会社
    保証会社
    リース会社
    保険会社
    携帯電話会社
    銀行
    信託銀行
    信用金庫
    農業協同組合
    信用組合

    遅延・延滞などの情報は5年間、自己破産・債務整理などの情報は7年間保管されます。

     そういった記憶が無いのに審査に落ちてしまうという場合、さきほど記述した個人信用情報機関に自分の信用情報を開示請求して、自分で過去の借り入れ状況や返済状況などを改めて正確に把握することが必要です。

    カードローンの審査が不安なら信用情報を開示してみよう

    カードローンの審査が不安なら信用情報を開示してみましょう。意外なことに信用情報に問題がないケースも多いのです。

    例えば返済遅延の情報は5年間が経過すれば信用情報から消えますし、債務整理の記録も自己破産は10年残りますが、任意整理などの情報なら返済遅延と同じく5年間待てばその情報は消えます。

    ですから信用情報が原因で審査に通らないと感じている方は、一度自分の信用情報をCICやJICCで開示してみることをおすすめします。

    1. CIC (割賦販売法、貸金業法指定信用情報機関)
    2. JICC(日本信用情報、指定信用情報機関)
    3. KSC全国銀行協会

    クリックで各ページに飛びます。

    不安点:一度審査落ちしたけど他に申し込んだ場合また落ちる?

    審査通過率が違うという点でお分かりいただけたかと思いますが、すべてのカードローン会社は独自の審査基準を設けて融資の可否を決定しています。

    そのため、一度審査に落ちてしまった場合であっても、信用情報に問題がなければ他社カードローンなら利用できる事があります。

     ですが、一度審査に落ちた後にすぐ他のカードローンに申し込みをすると申し込みブラックになってしまうので、一定の期間を空けてから申し込む事をおすすめします。

    一人暮らしは実家へ住民票を移すのもあり

    カードローンの審査では、一人暮らしよりも家族と同居している人の方が信頼されやすいと言われています。また実家が持ち家の場合、賃貸に暮らしている時よりも信用を更に得やすくなります。

    ただし、住民票を移すとカードの郵送などすべて実家に届いてしまうので家族にばれるリスクは高くなるので注意は必要です。

     また、実際に引っ越すならともかく住所と違った場所へ住民票を移すのは何らかの法律に引っ掛かる可能性があるので注意して下さい。

    借入が多くて審査が不安ならおまとめローンで借入件数を減らそう

    審査が不安な人のなかには多重債務が原因で審査に落ちてしまう人もいます。

    ですからこれを読んでいる人の中には「すでに他社からお金を借りてるから」とカードローンの審査に不安な人も多いはず。

    そんな多重債務で審査が不安な方におすすめなのが「おまとめローン」です。

    おまとめローンとは一方的に有利になる借換えであれば、消費者金融でも年収の3分の1以上借金がある人に対しての融資が認められています。

    総量規制例外・除外貸付貸金業者が行う貸付で、一定の条件を満たした貸付であれば年収の3分の1以上でも融資を可能とした例外的・除外的な貸付⇒おまとめローンなど
    総量規制対象外銀行等の金融機関は貸金業者では無いので総量規制は適用されません。そのような貸金業者以外の貸付全ては総量規制対象外となります。⇒銀行・信用金庫など

    このように貸金業者が行う貸付は総量規制の対象となりますが、一定条件を満たせば例外的・除外的に年収3分の1以上でも借りれることが可能です。

     他社借入件数が3件以上ある人は銀行などの金融機関のおまとめローンは難しいです。他社借入件数が少ない人は銀行のおまとめローン、多い人は消費者金融と今の自分に合ったところを選んでください。

    総量規制対象外ローンに力を入れているのはアイフル

    大手消費者金融の中で年収3分の1以上でも借りれる「総量規制対象外のおまとめローン」を取り扱っている代表的なところはアイフルです。

    アイフルでは「おまとめMAX」「かりかえMAX」という2種類のおまとめローンを取り扱っており、公式サイトでもその旨を記載しています。

    本商品は、貸金業法に規定される「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等」に該当し、貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号または第1号の2に基づく商品です。
    (現在のお借入が年収の1/3を超えている場合でも審査可能です。)

    引用:貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン

    なお、両者は申し込み条件として「これまでにアイフルを利用したことがあるかどうか」という違いだけで、ローンとしての基本的な性能は同じです。

    なお、それ以外にも年収3分の1以上でも借りれる金融商品は以下のような商品があります。

    年収3分の1以上でも借りれる金融商品一覧

    アコムACマスターカードによるショッピング
    ビジネスサポートカードローン
    借り換え専用ローン
    アイフル事業サポートプラン
    不動産担保ローン
    おまとめMAX
    かりかえMAX
    プロミスおまとめローン

    収入のない専業主婦や学生は銀行カードローンに審査の申し込みを

    カードローンの審査に通るか不安なあなたが、もしまったく収入のない専業主婦やまったく収入のない20歳以上の学生だった場合、消費者金融を利用することができません。

    消費者金融は年収で借入額が決まる総量規制の対象だからです。ですから専業主婦や収入のない学生は、総量規制対象外の銀行カードローンへ申し込みを行いましょう。

    不安点:専業主婦も利用できるの?

    収入のない主婦の方は、消費者金融ではまず借りれませんが、「楽天銀行スーパーローン」や「セブン銀行カードローン」のような一部銀行カードローンであれば、貸付けを行っています。

    そのため、育児などで仕事ができないような方でも借り入れができますよ。ただし、専業主婦の場合は限度額が多くても30万円程度に制限されることがほとんどなので注意しましょう。