お金がない
この記事では、お金を借りたいけど審査が通らない人ができるだけ審査通過出来るようポイントを説明しています。

お金を借りたいけど審査が通らない理由とは

お金を借りたいけど審査が通らない。

お金を借りたいけど借りれないのなら、その原因はどこにあるのか追求しなければなりません。原因によってあなたがしなければならない方法は変わってきます。

お金を借りたいけど審査が通らないのには理由があります。

  • 正社員じゃないから?
  • 個人事業主だから?
  • 働き始めたばかりだから?

    こういう事で審査に落ちる事は、ほとんどありません。

    審査落ちしてしまったなら、そのまま再度申し込んでもお金借りることが出来る確率は低いです。そこで、この記事ではお金を借りたいけど審査が通らない人ができるだけ審査通過出来るポイントを説明しています。

    今が狙い目!
    土日も来店不要・最短1時間融資

    特徴のまとめ
    プロミス・原則24時間いつでも振込融資が可能
    レディースローンあり

    アイフル・新規の方はお借入れ全額30日間無利息
    来店不要でネット完結
    モビット・事前審査結果最短10秒
    WEB完結申込の利用で電話連絡なし

    ※審査受付時間:平日9:00~18:00まで上記時間以外の申込については翌営業日以降のご連絡になります。
    ※審査の結果、希望に添えない可能性があるのであらかじめご了承ください。

    お金を借りたいけど審査が通らない人の共通点

    お金を借りたいけど審査が通らない。いざカードローンの審査を受けてみたら通らなかったというケースは少なくありません。その為、何故審査落ちしたのだろうと悩む人も多いでしょう。

    各金融機関は審査に通らない条件を明らかにしてはいません。そのため審査に落ちた時に理由について教えてくれないのです。

     ただし審査が通らないと悩んでいる人は、ある共通点を抱えており、それが原因で審査通過できない可能性は高いです。

    お金を借りたいけど審査に通らない人の特徴とは

    お金を借りたいけど審査に通らない人の特徴は以下の通り。

    お金がない

    1. 最低条件をクリアしていない人
    2. 過去に他社で金融事故を起こし、一定期間が経っていない人
    3. 過去に利用カードローンで遅延・滞納を起こした人
    4. 申込内容に明らかな嘘あった人
    5. 他社の利用件数が多い人

    下記で、詳細を確認していきましょう。

    最低条件をクリアしていない人はお金を借りたいけど審査が通らない

    カードローン利用の最低条件をクリアしていないと、お金を借りたいけど審査が通らない傾向にあります。

    カードローンには年齢条件があり20歳未満の方は審査に通りません。未成年の場合は申し込みをすることもできないのです。

    そして、もう一つ年収の高さよりも安定した収入があるかどうかを重視し、審査を行っています。

     ここでいう安定した収入とは、毎月、給料日に給与を得ているということです。そのため、いわゆる日雇い収入のような職に就いている方は、審査に通らない可能性が高いです。

    金融事故で一定期間経ってない場合はお金を借りたいけど審査が通らない

    過去に金融事故を起こした人は信用情報に傷がついているため、お金を借りたいけど審査が通らない傾向にあります。

    • 住宅や車のローンが組めなくなる
    • クレジットカード契約ができない
    • カードローンでお金が借りられなくなる
    • スマホの分割払いが不可に
    • 賃貸住宅の契約で保証会社を保証人にする場合に審査落ち

    金融事故は信用情報機関に一定期間保管されるため、保管期間を過ぎないと審査には通らないのです。情報によっては、信用情報機関に保管される期間が異なります。

     JICCCIC全銀協(KSC)
    延滞の有無・発生日延滞解消から1年延滞解消から5年延滞解消から5年
    自己破産5年5年10年
    個人再生5年登録されない10年
    任意整理5年登録されない登録されない
    申込6ヶ月6ヶ月6ヶ月
    契約・借入・返済5年5年5年

    三機関とも、申込に関しては6ヶ月、契約・借入・返済に関しては5年と、すべて保管する期間は同じになっています。

     金融事故の保管期間は、目安として5年~10年です。お金を借りたいけど審査が通らない人は、この期間をあけて申し込みしたほうが良いでしょう。

    過去に利用カードローンで遅延・滞納をおこした人もNG

    各金融機関には、これまでの利用者の膨大なデータベースがあるため、以前使ったことはあるのかや返済時に問題はなかったかなど、すぐに確認できてしまいます。

    もし過去に利用していた場合、大幅な遅延・滞納を起こしたり、強制解約になっていたとすれば、まず審査には通りません。ブラックへの「異動」となってしまうのです。

    • 返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
    • 返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
    • 裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

      参考:CIC「信用情報開示報告書」

      なお一度事故があると、同じ金融機関は二度と使えない可能性が高いので注意しましょう。

      申込内容に虚偽があった場合はお金を借りたいけど審査が通らない

      カードローンの申込時、個人情報や勤務先情報を入力したと思いますが、万が一虚偽の情報があった場合、お金を借りたいけど審査が通らない可能性が高くなります。

      例えば年収などを多めに申請したくなりますが、数値的な情報は審査の評価に左右するため絶対に虚偽を入力しないようにしてください。

      また、勤務先に関する虚偽も必ずバレます。すでに退職した勤務先を申告したり、架空の社名で申込んだりしてもその嘘は必ずバレてしまいます。

       こういった虚偽は明らかに不正申し込みとみなされ、審査落ちするだけでなく二度と申し込み直せなくなる恐れもあるので注意してください。

      他社の利用件数が多い人はお金を借りたいけど審査が通らない

      他社借入がある場合、借入金額にも注意しなければなりませんが「件数」が大変重要になります。各金融機関は他社のカードローンを4件以上利用している場合、審査に通らない可能性が極めて多いです。

      金額面でいうと、利用者の年収の3分の1に近い金額を借り入れをしている人は要注意です。総量規制のルールに触れてしまう可能性があるため、審査落ちになります。

      なお、他社借入金額と件数ではどちらの方が重要視されるかというと借入金額です。

      お金を借りたいけど審査が通らない人は自分の信用情報を開示請求しよう

      • お金を借りたいけど審査が通らない
      • どうしてキャッシングの審査に落ちてしまったかわからない

      お金を借りる対策法

      そう悩んでいる人の解決策として一番正しいのは、審査時に各社が利用している個人信用情報機関に自分の信用情報を開示請求することです。

      最近ではクレジットカードを利用して買い物をしたり、ローンを利用して自動車を購入するなど現金を使わずに支払をすることが増えてきています。

      この時の滞納記録や延滞情報など「個人の信用」を客観的に表した情報が「信用情報」です。

      信用情報機関は、加盟する会員会社から登録される信用情報を、管理・提供することで、消費者と会員会社の健全な信用取引を支えています。
      消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会員会社は消費者の信用力を判断するために信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。
      この確認を行うことで、会員会社は消費者の返済能力に応じた適切な信用供与が可能となり、過剰貸付などを未然に防ぐことができます。

      参考:信用情報機関とは

      1. CIC (割賦販売法、貸金業法指定信用情報機関)に開示請求
      2. JICC(日本信用情報、指定信用情報機関)に開示請求
      3. KSC全国銀行協会)に開示請求

      信用情報にはネット・郵送・窓口の3つの確認方法があり、ネット・郵送での開示請求はそれぞれ1,000円、窓口での開示請求は500円です

      ブラックの場合、大手カードローン会社の審査通過は難しい

      一般的にカードローンやキャッシングの審査時には大きく4つの確認事項があります。

      1. 年齢、年収、勤務先、他社の借り入れ状況確認
      2. 金融事故の有無、過去の返済確認
      3. 勤務先への在籍確認
      4. 免許証や住民票などの本人確認

        キャッシングの審査では会社によって異なりますが一定の安定した収入ということで正社員でなくてアルバイトでも借り入れが可能な会社が多いです。

        一定の安定した収入があって本人確認と在籍確認がとれても審査に落ちたなら、それは他社からの借入額が多すぎて総量規制にひっかかってしまっているか、過去の借入時に事故をおこしてしまったかのどちらかが有力となります。

        JICCCIC全銀協
        (KSC)
        消費者金融
        クレジット会社
        信販会社
        保証会社
        リース会社
        銀行
        消費者金融
        信販会社
        クレジット会社
        保証会社
        リース会社
        保険会社
        携帯電話会社
        銀行
        信託銀行
        信用金庫
        農業協同組合
        信用組合

        遅延・延滞などの情報は5年間、自己破産・債務整理などの情報は7年間保管されます。

         そういった記憶が無いのに審査に落ちてしまうという場合、さきほど記述した個人信用情報機関に自分の信用情報を開示請求して、自分で過去の借り入れ状況や返済状況などを改めて正確に把握することが必要です。

        お金を借りたいけど審査が通らない人は申込み前に最終確認してみよう

        お金を借りたいけど審査が通らない人は申込み前に最終確認してみましょう。

        お金を借りる

        申込フォームの入力に問題はないか

        お金を借りたいけど審査が通らない人は、申込フォームの入力に問題はなかったか見ていきましょう。

         嘘の記述はないか、融資希望額を高額にしていないか、電話番号やアドレスに間違いはないか申込前にチェックしてみましょう。

        申し込みブラックになっていないか

        申し込みブラックとは、短期間に複数のクレジットカードやカードローン、キャッシングに申し込みんだ状態のことです。

        「短期間に複数」とは、カード会社や消費者金融会社によって異なりますが、一般的に1ヶ月間に3社以上の申し込みで「申し込みブラック」扱いになると言われています。

        ブラックでなければ消費者金融系カードローンがおすすめ

        信用情報を確認し返済状況に異動と記載がなく、ブラックでないならば消費者金融系のカードローンがおすすめです。

        大手消費者金融会社のアコム、プロミス、アイフルは月別に契約率のデータを公表しています。そこで2018年7月から12月までの半年間を比較してみました。
        アコムプロミスアイフル
        2018年7月41.6%44.6%45.3%
        2018年8月43.7%46.4%46.0%
        2018年9月43.4%45.9%46.3%
        2018年10月45.0%47.0%45.9%
        2018年11月44.7%45.9%45.5%
        2018年12月43.7%43.4%42.8%
        6か月平均43.7%45.5%45.3%
        こうした審査通過率の高いカード会社に申込めば、審査の難易度が下がるのでおすすめです。

        総量規制が原因ならおまとめローンを検討すべし

        お金を借りたいけど審査が通らない原因が借りすぎだった場合、おまとめローンも検討してみましょう。

        アイフルでは「おまとめMAX」「かりかえMAX」という2種類のおまとめローンを取り扱っており、公式サイトでもその旨を記載しています。

        本商品は、貸金業法に規定される「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等」に該当し、貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号または第1号の2に基づく商品です。
        (現在のお借入が年収の1/3を超えている場合でも審査可能です。)

        引用:貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン

        なお、両者は申し込み条件として「これまでにアイフルを利用したことがあるかどうか」という違いだけで、ローンとしての基本的な性能は同じです。

         消費者金融で借りている件数が多いと、1ヵ月に支払う金額が多くなってきます。1ヵ月の支払い金額が各社1万円だとしたら3社で1ヵ月3万円ですが、1社にまとめることが出来れば月々の支払いはだいぶ楽になります。

        審査なし・ブラックOKの貸金業者は利用しない

        お金を借りたいけど審査が通らない人に対して、街中に下記のような宣伝文句を謳っている金融機関を見かけます。

        • 審査が甘い
        • 激甘審査します
        • 無審査キャッシングで即日融資可能

        ですが、正規の消費者金融や銀行は、そんな宣伝をすることはありません。そんな文言を見かけたとしたら、まずそこはヤミ金融である可能性が高いと考えてください。

        まともな金融機関は、申込者の返済能力を事前に調査することや、申込者の信用情報を確認することが義務付けられています。つまり、合法な金融機関が審査無しで融資することはあり得ないのです。

        また、金融機関自ら審査が甘いということをアピールするのは貸金業法によって制限されています。

        ですから、無審査キャッシングまたは、激甘審査ファイナンスなどと謳っている=そういった指導を無視している、あるいはそもそも貸金業者として届出を行っていないヤミ金ということになります。

        お金を借りたいけど審査が通らないとしても、無審査キャッシング、または激甘審査ファイナンスなどと謳っていない所で相談してください。

        合法的に借りる方法はこちら