プロミス

プロミスは電話内容によって時間が違う

プロミスの電話の営業時間は何時まで?審査時の電話はどうしたら良いの?この記事ではプロミスコールセンターの基本的な電話内容をお伝えします。

プロミスの審査で電話がかかってくるケースとは?

  • プロミスの審査中、何回くらい電話かかってくるの?
  • プロミスからの審査の電話で利用が職場バレしないか心配…

    プロミスのカードローン融資を受けたいものの、電話がかかってくるのが不安で、申し込みをためらっていませんか?

     

    消費者金融と電話をしている姿は周囲の人に見られたくありませんよね。
    では、いざ申込んだ時プロミスからの審査の電話にうろたえないよう、審査中に電話がかかってくるタイミングや対処法を押えておきましょう。

    プロミスの審査中にかかってくる電話の回数を減らしたい・時間を短縮したいという人には電話回数を減らす裏技もご紹介しているので参考にして下さいね。

    Contents

    プロミス最短60分融資
    プロミスカードレス可能で郵送物なし!
    Web完結可能で来店も不要!
    女性専用プロミスレディースあり
    実質年率4.5%~17.8%
    審査時間最短30分

    WEB完結/来店不要/全国対応/限度額 500万円/

    ※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。

    プロミスの電話番号、営業時間

    問い合わせの内容は振込依頼や、契約の相談の他、増額の依頼などさまざまな内容の問い合わせに応じてくれます。わからないことや困ったことがあったら気軽に電話しましょう。

    プロミスATM

    プロミスコール
    1. 電話番号:0120-24-0365
    2. 営業時間:9時~22時(一部24時間)

    プロミスは電話内容によって連絡先が違う

    プロミスへ電話をすると、自動音声が流れます。その指示に従って、該当する番号ボタンを押しましょう。該当する電話内容・営業時間は次の4つです。

    電話内容営業時間・受付時間
    1.新規申込9:00-22:00
    2.各種問合せ※音声自動応答0:00-24:00
    3.各種問合せ※オペレーター9:00-18:00(平日のみ)
    4.カード紛失・盗難受付0:00-24:00

    このうち、2番以外はいずれも電話先のオペレーターが対応することになります。

    3番は24時間いつでも受け付けていますが、1番は9時から22時まで、4番は平日の9時から18時までとなっています。

    審査に関するプロミスへの電話の相談時間

    プロミスに電話をかける内容としては、やはり「審査に関する相談」が主な内容ですよね?
    プロミス 自動契約機

    「審査に必要な条件」「用意すべき書類」「自宅への郵送物があるかないか?」「在籍確認はあるか?」等々、プロミスを利用する前には色々と不安な事がつきもの。

    そんな時には、プロミスのコールセンターへ電話をすると、オペレーターが親切に対応してくるので、ほとんどの不安や問題は解決できると思います。

    電話内容ではまず、氏名や生年月日など、審査に必要な項目を聞かれます。申込み内容を確認後、審査の上、契約可能額が伝えられます。審査時間は最短30分です。

    初めての申込みのとき、最近ではパソコンやスマホなどを使ったWeb申込みが多いのですが、「入力が大変そう」「分からない箇所は相談しながら申込みたい」という方にはプロミスの電話審査が便利です。

    どちらも固定電話やスマホ、携帯電話から利用できます。

    プロミスの電話審査の流れ

    1. 電話審査
    2. 審査
    3. 契約
    4. 借入

      プロミスの電話審査は、まずはプロミスコール(0120-24-0365)に電話をすることから始まります。

       プロミスコールの電話番号は変わる可能性があるので、必ず公式サイトで最新の電話番号を確認してください。

      電話内容ではまず、氏名や生年月日など、審査に必要な項目を聞かれます。申込み内容を確認後、審査の上、契約可能額が伝えられます。審査時間は最短30分です。

      プロミスでは電話審査はできますが、その後の契約は来店して行うか、郵送でのやり取りとなります。来店する場合は必要書類を持参し、プロミス店舗窓口または自動契約機で手続きを行いましょう。

      なお、審査基準についてはネットから審査をしても、電話審査をしても変わりません。

      電話審査の必要書類

      プロミスの電話審査の場合、Web審査とは違い必要書類を持参のうえ、自動契約機・お客様サービスプラザ(店頭窓口)へ来店する必要があります。

      プロミスの電話審査では、本人を確認できる書類として以下のいずれかの写し1点が必要となります。

      • 運転免許証
      • 健康保険証
      • 住民票
        もし上記の書類の住所が現住所と異なっている場合は、現住所が記載された下記のいずれかの書類「も」必要になります。
        • 公共料金の領収証書(電気、都市ガス、水道、電話、NHKのいずれか1つ)
        • 社会保険料の領収証書
        • 国税、地方税の領収証書・納税証明書※領収日付または発行年月日から6ヵ月以内のものに限る

        また、ホームページに表記されている融資額は10~50万円ですが増額することも可能です。

         限度額50万円以上の融資になる場合は、所得を証明する「源泉徴収票」などの収入証明書も必要となります。

        電話審査でも審査の時に勤務先へ在籍確認の電話はある?

        プロミスの電話審査では、申込者本人であるかの確認と、申込み内容に間違いがないかを確認するために、勤務先への確認の電話がおこなわれます。

        プロミス

        利用者のプライバシーに十分配慮されているので、担当者は個人名を名乗り、プロミスの社名で連絡することは一切ありません。

        これは貸金業法第21条5項という法律によって定められています

        五 はり紙、立看板その他何らの方法をもつてするを問わず、債務者の借入れに関する事実その他債務者等の私生活に関する事実を債務者等以外の者に明らかにすること。

        引用:貸金業法 – e-Gov法令検索

        そのため、職場の人にキャッシング会社から電話だと気づかれる事は絶対にありません。

        女性が多い職場だと、たとえ在籍確認の電話だったとしても「男の人からの電話はちょっと……」という場合でも女性担当者が電話をかけてくれるので安心ですよ。

        大きな問題がなければ、ここで即日融資となります。

        プロミスへの在籍確認の代わりとなる必要書類

        もし、派遣元や派遣先などの職場に電話すべきではないとプロミスが判断した場合、顧客の直近の給与明細書や源泉徴収票の写しなど会社に在籍していることが確認できる書類の写しを提出することで、在籍確認を行ってくれます。

        • 会社名の入った社会保険証
        • 会社名とフルネームの記載された給与明細などの会社の書類
        • 会社名とフルネームの記載された名刺や社員証、ネームプレート

        プロミスの在籍確認を書類で行ってもらう場合は、上で挙げた書類の内いずれかの写しが必要となるのでこちらを提出しましょう。

        書類の提出は郵送だけでなく、スマホ・PCからWEB上でアップロードできるので、在籍確認は当日中に済ませられるかと思います。

        自動契約機か店頭窓口(お客さまサービスプラザ)にて契約

        プロミスでは電話審査の後、審査に通過したら契約手続きをしていくことになります。

        プロミス

        電話審査の場合は来店契約と郵送契約ができ、自分の好きな契約方法を選択することができます。

        契約方法は3種類
        1. 来店契約
        2. 郵送契約
        3. 来店契約

          来店契約の場合は必要書類を持参して、自動契約機か店頭窓口(お客さまサービスプラザ)にいって契約をします。

          自動契約機で契約手続きをする場合は、名前と生年月日を入力すると本人確認が完了し、これまで電話で申し込んだ内容を反映して契約手続きをすることができます。

          郵送での契約の場合は、契約書類やカードが自宅に郵送されますが、郵送は簡易書留郵便(転送不要)で差出人名は「事務センター」にとして送られてきます。

          契約書類とカードを受け取ったら、契約書類に必要事項を記入して必要書類と一緒に返送しましょう。プロミスが必要書類を受領すると、借入が利用できるようになります。

          以上がプロミスの電話申込から借入までの流れとなります。

          プロミスの電話審査でお金を借りるメリット

          プロミスの電話審査でお金を借りるメリットは以下の通り。

          電話審査のメリット
          1. パソコン入力する必要がない
          2. 相談しながら申込できる

          プロミスの電話審査は、プロミスコールに電話をしてオペレーターの質問に答えていく形で必要事項を申告して申込をします。

          質問に答えていくだけで審査ができるので、ネット審査のようにパソコンやスマホで必要事項を入力するのが面倒な人には楽チンな申込方法です。

          また、オペレーターと電話しながら審査ができるので、不安なことや疑問に思っていることを相談しながら審査することもできます。

          プロミスの電話審査でお金を借りるデメリット

          プロミスの電話審査でお金を借りるデメリットは以下の通り。

          電話審査のデメリット
          1. 受付時間が限られる
          2. 契約方法が来店か郵送しかない

          一方で電話審査は9:00から22:00と審査の受付時間が決まっており、受付時間外には審査することができません。

          ネット審査は24時間審査を受付しているので、いつでも審査できるという点ではネット審査の方が便利です。

          また、電話審査の場合は契約方法が来店か郵送しかなく、どうしてもweb契約に比べると周囲にバレる確率が高くなってしまいます。

          WEB契約はプロミスとの契約をネット上で行うことができ、自宅で契約できるので便利な契約方法です。

          WEB契約を利用したい人はネット審査を利用する必要があります。

          返済期日の延長に関するプロミスへの電話の営業時間

          また、プロミスで借りた後は返済が始まりますが、返済期日の延長に関するプロミスへの電話の営業時間は24時間可能。

          電話内容営業時間・受付時間
          1.新規申込9:00-22:00
          2.各種問合せ※音声自動応答0:00-24:00
          3.各種問合せ※オペレーター9:00-18:00(平日のみ)
          4.カード紛失・盗難受付0:00-24:00

          2番の「利用や支払の問い合わせ」については、自動音声の対応だけで済ませることもできます。

          例えば現在の利用額や利息の確認だったり、振込キャッシングの申込などです。

          期日前であればプロミスコールで30日間返済期日を延長することもできます。

          ただし、この方法で事前申告しても遅延利息は発生します。当然オペレーターの営業ではないので、電話で24時間いつでも手続きできます。

          14日以内の延滞なら連絡も自動音声でOK

          実はプロミスは入金が難しい場合でも14日以内なら自動音声で返済日の延長も可能なんです。

          1日、2日遅れる場合なら連絡するのも面倒ですし、かと言って放置しておいて連絡が来るのも良い気持ちもしません。

          こんな場合は自動音声やメールサービスを利用して入金約束をしてしまいましょう。

          プロミスコール
          電話番号:0120-24-0365

          ただし期日前であればプロミスコールで30日間返済期日を延長することもできますが、この方法で事前申告しても遅延利息は発生するので注意して下さい。

           カードローンは信用取引なので、あなたがどのような取引をしているのかも重要な要素になります。うっかり返済を忘れてしまった場合や入金の都合が悪く入金できない場合も含めて、全ての取引が記録されるので注意して下さい。

          増額や解約手続きに関するプロミスの電話番号

          増額や解約手続きに関するプロミスの電話の対応可能は平日の9:00-18:00となっています。

          増額や解約手続きは電話の24時間営業の自動音声では申し込めずオペレーターとの電話のみで可能です。
          その場合は、営業時間に電話をしなければいけません。

          例えば限度額の変更(増額融資)です。新たに審査が行われるため、必ずオペレーターとのやり取りが発生します。

          解約はプロミスの電話か店頭窓口のみの受付

          プロミスを解約する時も、オペレーターにその旨を伝えなければいけません。
          解約はプロミスの電話とお客様サービスセンター(店頭窓口)でしか受け付けていないので、インターネットだけの人も、この時ばかりはプロミスの営業時間内に電話を利用することになります。

          女性専用ダイヤル(プロミスレディース)の電話営業時間

          レディースコール
          1. 電話番号:0120-86-2634
          2. 営業時間:9時~22時

          プロミスレディースの基本的なサービスはプロミスコールと同じなのですが、プロミスレディースコールの一番の違いは女性オペレーターが対応してくれる点です。

          オペレーターが全員女性なので、男性オペレーターだと話しづらいという方は、こちらの利用をオススメします。

          女性専用となっていますが、男性の方が電話をしてももちろんOKです。

          レディースコールの営業時間は9時~22時まで

          また、電話の営業時間も9時~22時までで、プロミスコールではオペレーターの営業時間が問合せ内容によって限られているのと比べると、プロミスレディースコールの方がオペレーターの方に繋がりやすいと言えます。

          カード紛失・盗難の受付については、プロミスコールと同様に24時間365日オペレーターが対応してくれますよ!

          プロミスお客様相談室の電話の営業時間

          お客様相談室
          1. 電話番号:0120-51-0508
          2. 営業時間:9時~18時 こちらは障害のある方の問合せ・相談窓口です。営業時間は平日の9時~18時です。こちらは土日の電話受付は行っていないので注意して下さい。

          このように、プロミスには3つの電話窓口があるので

          • オペレーターの方と出来るだけ話さずに確認や照会などをしたい方はプロミスコール
          • すぐにオペレーターの方と話したい方はレディースコール
          • 障害のある方はお客様相談室

            を使う等のように使い分けをしたり、プロミスコールに繋がらない場合はレディースコールに、レディースコールに繋がらない場合はプロミスコールと、繋がりづらい場合は電話先を変えてみても良いかもしれません。

            プロミスからの電話かかってくるとどうなる?

            • いきなり知らない番号から連絡が来て不安に
            • プロミスから電話かかってくる内容は?

              プロミス

              いきなり知らない番号から連絡が来て調べてみたらプロミスの電話番号だった!なんてことがあった人もいるのではないでしょうか?

              その時、電話に出て対応すれば要件が把握できるのですが、怖くて電話に出ることができない。
              プロミスから電話かかってくるとどうなるか、ここからはプロミスからの電話の主な内容をご紹介します。

              申込内容の確認

              プロミスから電話かかってくる状況として1番ありえるのが申込内容の確認についてです。

              プロミスの新規申し込みでは、まずは電話に出た人が申込者と同一人物であることをプロミスの担当者が確認し、その後に申込者本人に直接用件を伝えることになっています。

              そのため、携帯電話を申込者以外の人が取ったとしても、いきなりプロミスであることを名乗ったり用件を伝えたりすることはありません。

              「○○さまですか?」と申込者本人であることを確認た後「この度はプロミスにお申込みいただきありがとうございました。ご本人さま確認が済みましたので、ご勤務先に電話をかけて宜しいでしょうか?」と尋ねられます。

              申込者が勤務先への電話を許可すると、早ければ1時間以内に、遅い場合は数日後に勤務先への在籍確認が実施されます。

              「勤務先にいきなり電話かかってくる」ことはない

              基本的には、本人の携帯電話など個人に直接繋がる番号が優先されるので、よっぽどのことがない限り家や職場に連絡がくることはありません。

              どうしても本人と連絡が取れない場合は、職場や家に連絡がくる場合もあると覚えておきましょう。

              職場なら在籍確認で電話かかってくることも

              職場に電話かかってくるならそれは在籍確認の電話であることがほとんど。

              プロミスに契約をする時には、必ず在籍確認が行われます。在籍確認とは、プロミスに申込みをした時に申込者が記入した会社がきちんと存在し、本人がその会社に在籍しているのかを確認することを言います。

              プロミスのキャッシングの条件に「安定した収入があること」という項目があるので、ここを満たすために絶対的に必要な過程です。

              電話かかってくると危険!?返済の催促かも

              プロミスを利用していて返済期日を過ぎても返済の確認がとれない場合、プロミスから催促の電話が掛かってきます。

              この電話の主な内容は、返済の確認が取れていないことを伝えること、また返済できない理由や返済可能な期日の確認です。

              電話かかってくると本人の携帯電話→職場・自宅に掛かる事も

              プロミスから電話かかってくる時に何度も無視をしてしまうと本人の携帯電話に掛かってきていたのが職場・自宅に掛かる事もあります。

              「プロミスから電話がある」というだけで、不安に思い無視してしまう人もいるかもしれません。しかし、対応は事務的で怖いものではないので安心してください。

              1. 返済に遅れている旨を通知
              2. すぐに入金できるかの確認
              3. 入金する期日の設定

                上記が、電話の主な内容です。返済が遅れているからと言って、いきなり怒ったり、怒鳴ったりするようなことは絶対にありません。

                利用者に事情があれば一緒に解決策を探すなど、柔軟な対応をしてくれることもあります。

                返済が遅れていても電話かかってくることはおすすめできません、安心して出てください。

                プロミスから追加融資の電話かかってくることも

                きちんと支払っているにも関わらず、電話かかってきた場合は、追加融資の案内やおまとめローンなど、他商品の案内が目的の営業電話と思って良いでしょう。

                プロミス

                この場合、プロミスから電話かかってくるのを見逃すと増額融資のチャンスをつぶしてしまいかねません。プロミスで増額融資を考えているならこの機会に検討してみましょう。
                利用者の仕事や住所などに変わりないかの現状確認の場合もありますし、利用者が他金融機関への申し込みをした場合にも電話がかかってくることがあります。

                いずれにせよ、世間話の続きのような確認の仕方ですので詰問されたりすることも絶対にないので無視せず安心して電話するようにしましょう。

                書類提出で電話かかってくることも

                プロミスに収入証明書類を提出してから3年が過ぎている場合や利用限度額が増えて新たに収入証明書類が必要になった場合などに、収入証明書類の再提出を要求されることがあります。

                また、引っ越しや転職に伴い自宅や勤務先が変わったにも関わらず、プロミス側に報告をしていない時は、プロミスから運転免許証や保険証などの本人確認書類を提出するようにと要求されることもあります。

                この時も、プロミスからの連絡が携帯電話に届きます。

                電話に出なかった時は、登録したメールアドレスに「書類提出のご案内」等と題したメールが送付されます

                プロミスに電話するなら時間に注意せよ

                基本は掛かってきた番号に連絡を入れるようにしてください。契約店から電話がかかってくることがほとんどですので、すぐにあなたの状況を把握してくれます。

                プロミス最短60分融資
                プロミスカードレス可能で郵送物なし!
                Web完結可能で来店も不要!
                女性専用プロミスレディースあり
                実質年率4.5%~17.8%
                審査時間最短30分

                WEB完結/来店不要/全国対応/限度額 500万円/

                ※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。

                ただしどうしても折り返しにくいという人には、他にも様々な連絡窓口があるので必ず連絡するようにしましょう。

                プロミスの電話窓口は審査以外にも上記のように3つありますが、オペレーターが対応してくれる営業時間はそれぞれ異なります。

                各窓口のオペレーター営業時間
                1. プロミスコール  初めての申込:9時~22時
                2. その他オペレーター営業:平日の9時~18時/24時間365日
                3. レディースコール    9時~22時
                4. お客様相談室    平日9時~18時(土日不可)
                  審査や借り入れだけでなく、各種ご相談にもプロミスの電話を活用するとよいでしょう。
                  オペレーター対応を選択すれば、専用オペレーターがお客様の疑問や不安にて丁寧に答えてくれますよ。