プロミス

プロミスの金利は高い?他社消費者金融の金利を比較

プロミスの金利は4.5%~17.8%(実質年率)で、お借入条件に応じて適用される金利は変わります。では10万や100万借りた時は?この記事でまとめています!
  • プロミスの金利って高いの?
  • 消費者金融の金利は高いって言うよね
  • プロミスの金利が高い場合引き下げ交渉出来たりしないの?

「借入するなら少しでも金利の低いサービスを使いたい」という場合もあるかと思います。

でも、消費者金融が取り扱うサービスも多岐に渡る商品があるので、調べるだけでもすごく手間がかかってしまいますよね。
そこで大手消費者金融の金利を一覧にまとめて、「プロミスの金利は高いかどうか」を検証しながら金利を引き下げる方法について解説していきたいと思います。
プロミス最短60分融資
プロミスカードレス可能で郵送物なし!
Web完結可能で来店も不要!
女性専用プロミスレディースあり
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分

WEB完結/来店不要/全国対応/限度額 500万円/

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。

大手消費者金融の金利を一覧で比較

大手消費者金融の金利一覧は下記のとおりです。

プロミス

サービス名実質年率(金利)
プロミス4.5%~17.8%
アコム3.0%~18.0%
アイフル3.0%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%

上記表をもとにプロミスの金利を検証すると、実は消費者金融の中でも低い水準に設定されているのです。

金利には「上限金利」と「下限金利」の2つがあり、下限金利は融資限度額の最大値近くに適用され、少額になればなるほど上限金利に近い水準が適用されます。

つまりキャッシングを利用する方の多くは少額融資ですから、比較する場合は「上限金利」を使う必要があるわけです。

 このような観点から上記の表を見ると、プロミスは大手消費者金融の中で最も低い金利になっており、プロミスの金利は高い所か優秀な水準だといえます。

プロミスの金利(借入利率)は実質年率4.5%~17.8%

プロミスの金利(借入利率)は実質年率4.5%~17.8%の範囲内での契約となっています。

金利(借入利率)とは、借入金額(元金)に対する支払利息の割合をさしており、借り入れ条件に応じて適用される金利は変わります

カードローン金利(実質年率)
プロミス4.5~17.8%

プロミスの金利は高い?他社カードローンの金利と利息一覧

プロミスの金利は高いと思われがちですが、しかしプロミスの金利設定は他の消費者金融と比較してみるとかなり良心的です。

ここでプロミスと他社カードローンの金利と利息一覧をまとめてみました。プロミスの金利は17.8%からなので他社と比べて金利0.2%~2.2%お得ということが分かります。

カードローン金利(実質年率)借入金額返済回数利息
プロミスプロミスレディース17.8%5万円1回731円
10万円3回2,980円
30万円12回29,701円
アコムアイフルアイフルスラリSMBCモビット18.0%5万円1回739円
10万円3回3,014円
30万円12回30,044円

プロミスの過去からの金利の推移

プロミスの過去より金利は低く推移しています。

2008年以前まで、違反しても刑事罰則がない「利息制限法」の上限金利20%と、刑事罰のある「出資法」の下限金利29.2%のグレーゾーン金利(21%~29.2%)で、貸付が事実上、容認されていました。

 2007年12月以降は、出資法の改正により、刑事罰のある上限金利が20%とされたため、違法性のある高金利ローンは姿を消し、現在の上限金利17.8%へと大幅に下がったという変遷があります。

プロミスと他社カードローンの金利と限度額一覧

カードローンを利用する時に気になるのが、金利と借入限度額だと思います。できるだけ低い金利で借りたいですよね。
消費者金融で借りる

プロミス、アコム、アイフル、レイクALSAなどですが、実際に借りた時の金利や限度額一覧を見るとに大きな違いはありません。

金融機関金利最高限度額
プロミス4.5~17.8%500万円
アコム3.0~18.0%800万円
アイフル3.0~18.0%800万円
レイクALSA4.5~18.0%500万円
SMBCモビット3.0~18.0%800万円
三菱UFJ銀行1.8~14.6%500万円
三井住友銀行4.0~14.5%800万円

プロミスの金利と金額ごとの返済額

プロミスに限らず消費者金融では利息制限法により限度額に応じた実質年率の上限が定められています。

この時、限度額が100万円以上の場合は実質年率4.5%~15.0%が適用されます。

利用限度額上限金利(実質年率)
10万円未満20.0%
10~100万円未満18.0%
100万円以上15.0%

ローカルな中小消費者金融の場合だと、限度額10万円未満場合は上限金利20.0%が適用されることも多いのですが、プロミスの場合は17.8%、アコム、アイフル、SMBCモビット等の大手消費者金融では限度額10万円未満の上限金利は18.0%となっています。

ではここからは実際にプロミスで借りた場合のそれぞれの返済金額を見ていきましょう。

プロミスの金利と返済額の計算方法

プロミスの金利と返済額の計算方法を知るには、プロミスの返済方法を知る必要があります。

プロミスでは「残高スライド元利定額返済方式」によって設定されます。
毎月のご返済金額は、最終お借入後の借入残高に応じて変動する「残高スライド元利定額返済方式」です。
毎月のご返済金額以上であれば、お客さまのご都合に合わせて、多くご返済いただくことも可能です。
引用:「ご返済金額について」プロミス
返済額は借入残高に一定の割合を掛けて計算できます。
借入残高返済額返済回数
30万円以下借入後残高×3.61%(1,000円未満切り上げ)~36回
30万円超過~100万円以下借入後残高×2.53% (1,000円未満切り上げ)~60回
100万円超過借入後残高×1.99% (1,000円未満切り上げ)~80回

プロミスの金利の確認方法【5万・10万・30万・50万】

上記をもとに返済額を計算すると以下の返済額になります。

プロミス

5万円借入時10万円借入時30万円借入時50万円借入時
プロミス2,000円4,000円11,000円13,000円
アコム3,000円5,000円13,000円15,000円
アイフル4,000円4,000円11,000円13,000円
SMBCモビット4,000円4,000円11,000円16,000円
みずほ銀行カードローン10,000円10,000円10,000円10,000円

設定された返済額以上であれば、自身の都合に合わせていくらでも返済できます。また、返済日以外でも随時返済や、全額返済することも可能です。

 返済額を計算するのが面倒という方は、公式ホームページで「返済金額」「返済期間」「借入可能額」をシミュレーションすることが出来ます。

利用枠100万円以上ならプロミスでも年15.0%で借りれるの?

さきほどの利息制限法の表をみると、借入金額が100万円以上のときは法定金利の制限が年15.0%に引き下げられることがわかります。

 ということは、100万円以上の利用限度額で契約ができれば、上限金利年18.0%のプロミスからでも年15.0%でキャッシングできるのでしょうか?

結論からいうと、プロミスでも利用限度額が100万円以上の場合は年15.0%以下でキャッシングできるのですが、100万円以上の利用限度額をもらうためにはある程度の信用力が申込者に必要なので、そう簡単には実現できません

というのも、貸金業者に分類される消費者金融のプロミスは、利用者の年収の1/3以下しか借り入れできない貸金業法の総量規制対象のカードローンだからです。

総量規制がある限り、プロミスから100万円の利用限度額をもらうためには最低でもあなたに年収が額面で300万円は必要です。
プロミスを検討している人の中にはパートやアルバイトの方もいるでしょう。この場合、100万円以上の限度額を勝ち取るために年収300万円以上を稼ぐことが簡単でない人もいるかと思います。
担保も保証人もいらないカードローン契約は、申込者の信用力を担保にお金を借りる信用取引です。
そのため、たとえあなたに300万円以上の年収があったとしても、初回審査の段階でいきなり100万円の高額融資がもらえる可能性はそう高くはないのです。
 カードローンの利用限度額は、本来キャッシングを計画的に利用しながら増額審査にチャレンジして上げていくものとなっています。

プロミスの金利の仕組み

プロミスの金利の仕組みについてですが、このように審査に応じて決まるので限度額や適用金利は実際に審査を受けてみなければ分かりません。

プロミスでお金を借りる

信用情報や属性によっては、プロミスの上限金利18.0%よりも好条件で借り入れできる可能性もあるかもしれませんが、初めてプロミスを利用される方の場合は、初回の利用限度額は100万円未満になるケースがほとんどです。

そのため、限度額100万円未満の場合は基本的に金利18.0%が適用されることになります。

最低金利4.5%は限度額500万円が条件

下限金利は4.5%と、かなり低金利のように思いますが、プロミスで金利4.5%が適用されるのは限度額が500万円に設定された場合に限りますので、かなりハードルは高いです。

限度額の増額で金利を引き下げるべし!

プロミスの金利を引き下げる一番の近道は、プロミス会員サービスの「限度額変更のお手続き」から限度額の増額に申し込みをすることです。

返済実績が良好であれば約6ヵ月程度で「利用限度額の増額申し込み」ができます。また、利用者の中には、契約から3ヵ月程度でプロミスから限度額の変更申込みに関するメールが届くこともあります。

利用限度額を増額するには、新規申し込み時と同様に増額の審査がおこなわれます。プロミスは電話審査で増額を申し込むことも出来るし、マイページにログインして増額審査を行うことも可能です。

ただしこの増額審査に通らないと増額してもらえませんし、最悪の場合だと、逆に限度額が減額されることや、追加の借り入れが停止される可能性もあるので注意してくださいね。

プロミスの金利は30日間無利息で0%

プロミスでは、はじめて無担保キャッシングローン(カードローン)に申し込みする方に限り「30日間利息0円サービス」を実施中です。

30日間利息0円サービスとは
  1. 対象者:プロミスの初回利用者かつ、WEB明細を利用する
  2. サービス内容:初回借入日の翌日から最大30日間分が無利息

30日間無利息サービスは、プロミスと契約をしていても初回借入を行うまで適用されません。つまり先にプロミスと契約だけ済ませておいても、30日間無利息期間サービスは無駄にならないということ。

プロミス 30日間無料

プロミスの30日間無利息サービスは、プロミスからの借入が本当に必要になった時に、利用することができます。
そのため、プロミスから借入するか迷っている人は、先に契約だけ済ませておくことをおすすめします。

無利息期間中に完済すれば利息0円で済みますが、借入期間が5ヵ月程度であれば、無利息効果により低金利な銀行カードローンと同等の利息になります。

 「消費者金融は金利が高い。でも銀行カードローンは審査に通るか不安……」と悩んでる方は多いのですが、短期間の借入であればプロミスの無利息サービスを上手く活用したほうが、銀行カードローンよりも利息を少なく抑えることができます

金利・利息がどのくらい引き下げられるか検証

実際にプロミスの無利息サービスを活用してどのくらい利息がお得になるのかシミュレーションしてみました。

まず、無利息期間30日以内の返済であれば支払い利息は0円です。

金利(実質年率)借入金額借入期間利息
17.8%1万円30日0円
10万円
50万円
30日以内の短期間であれば、どのカードローンよりも金利が引き下げられることが分かります。
 プロミスの金利は高額融資の長期返済プランには向いていませんが、30日間無利息サービスを活用した少額融資の短期借り入れに強いです。

それでもプロミスの金利が高いと思ったら?

それでもプロミスの金利が高いと思ったらどうすれば良いのでしょうか。プロミスなどのカードローンは「計画的に」利用することが大事です。
プロミス
  • 適用される金利はいくらか
  • どれくらい利息を支払うのか
  • いつまでに完済するのか

これらを明確に把握しておく必要があります。

プロミスのホームページ上では利用金額に合わせた返済期間や返済金額を選んでシュミレーション出来ます。どういう返済になるのだろうと考えている方は使ってみて下さい。

適用される金利はいくらか知っておくこと

返済シミュレーションは、簡単な項目を入力するだけで月々の返済額に対する「元金の返済額」と「利息の支払額」との内訳を試算できる便利ツールです。

借入残高毎月の返済額想定金利完済までの期間発生する利息合計返済額
5万円2,000円17.8%32ヶ月12,923円62,923円
10万円4,000円32ヶ月25,864円125,864円
15万円6,000円32ヶ月38,810円188,810円
20万円8,000円32ヶ月51,743円251,743円
25万円10,000円32ヶ月64,688円314,688円
30万円11,000円36ヶ月87,289円387,289円
40万円11,000円53ヶ月179,111円579,111円
50万円13,000円58ヶ月246,160円746,160円
60万円16,000円56ヶ月282,859円882,859円
70万円18,000円59ヶ月351,341円1,051,341円
80万円21,000円57ヶ月387,442円1,187,442円
90万円23,000円59ヶ月456,640円1,356,640円
100万円26,000円15.0%53ヶ月371,743円1,371,743円
110万円22,000円79ヶ月636,960円1,736,960円
120万円24,000円79ヶ月694,888円1,894,888円
150万円30,000円79ヶ月868,611円2,368,611円
200万円40,000円79ヶ月1,158,176円3,158,176円

※完済まで同じ金額を返済し続けた場合の試算例

毎月順調に元金を減らし一日でも速い完済を目指すために必要なのは、小まめな繰上返済です

繰上返済とは、最低返済額以上の金額を無理のない範囲でプロミスに返済すること。
ボーナスなどで臨時収入があれば、繰上返済で少しでも返済を前倒しして利息削減に努めましょう。

プロミスの利息計算式

利息=元金(借入金額)×適用利率÷365日×利用日数

※10万円を年17.8%で30日後に返済する場合
1,463円=10万円×0.178÷365日×30日

プロミスの利息は借入日数が長ければ長いほど増えていきます。一日でも早く完済すれば、それだけ利息総額を減らすことが出来ますよ。

金利が高い時はATM手数料にも注意

なお、繰上返済をATMで済ませる場合はATM利用手数料に注意してください。

プロミスではプロミスATMと三井住友銀行ATMは手数料無料で利用できますが、それ以外の提携ATMを利用すると所定の手数料がかかってしまいます

取引額ATM利用手数料
1万円以下の借入・返済108円
1万円超えの借入・返済216円
たかがATM手数料といっても合計すると大きな額になりかねません。

プロミスの金利が高い時でも銀行並みに金利を引き下げる方法

プロミスにはほとんどの銀行カードローンや中小消費者金融にはない30日間の無利息サービスがあります。

プロミス

無利息サービスは「プロミスの利用は初めてである」「プロミスにメールアドレスを登録できる」「利用明細にWEB明細書を利用する」の3条件を満たせば誰でも利用可能なので、新規利用者の方は活用しない手はありません。

無利息期間が適用されるのは、プロミスで初めてお金を借りた翌日から30日間。

プロミス初回借入日の翌日から30日間利息ゼロ
アコム初回契約日の翌日から30日間利息ゼロ
アイフル初回契約日の翌日から30日間利息ゼロ
SMBCモビット無利息サービスなし

無利息サービスがある他の消費者金融では「契約翌日から30日間が無利息」となりますが、プロミスでは実際にキャッシングを利用するまでは無利息期間がスタートされません。

 契約日と借入日とのあいだに期間が空いても無利息サービスをフル活用できるのは、プロミスならではの強みです。

プロミスポイントの付与例

さらにプロミスの嬉しい点は、初回無利息サービスが終わった後であっても、ポイントを貯めれば別途無利息サービスが受けられること。

ポイントはインターネット会員に登録してポイントサービスの申し込めば貯められて、250ポイント貯めれば7日間の無利息サービスが利用できます。

プロミスポイントサービス申し込み※1100ポイント
収入証明書類の提出※2160ポイント
プロミスインターネット会員サービスログイン※310ポイント

※1・・・初回登録時のみ
※2・・・1年に受けられるポイント付与は1回だけ
※3・・・毎月初回ログイン時のみ

無利息サービスが終われば、翌日から借入れ日数に応じて通常通りの利息が発生し始めます。

プロミスの金利が高い時に引き下げる交渉術(まとめ)

プロミスの金利が高いか引き下げる方法はないのかご説明してきましたが、プロミスは消費者金融のなかで一番低金利なカードローンです。

プロミス

それだけでなく、初回利用時であれば30日間の無利息サービスが利用できるので、借入額や借入期間によっては低金利な銀行カードローンより少ない利息でキャッシングすることもできますよ。

プロミスATMと三井住友銀行ATMが手数料無料で使えるプロミスなら、借り入れ返済にかかる手数料もカットできます。

ATM利用手数料は多い場合だと1回216円かかり、これが毎回かかるとなると利息より厄介に感じることも。

 「お金は借りたいけど、元金の返済以外に支払うお金はなるべく少なくしたい」という方は、無利息サービスがあってATM手数料も節約できるプロミスを検討してみてください。
プロミス最短60分融資
プロミスカードレス可能で郵送物なし!
Web完結可能で来店も不要!
女性専用プロミスレディースあり
実質年率4.5%~17.8%
審査時間最短30分

WEB完結/来店不要/全国対応/限度額 500万円/

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。