スカイオフィス

スカイオフィスの総量規制対象外ローン

スカイオフィスの総量規制についてわかりやすく解説しています。今でも総量規制の例外と特例を採用している街金は多いですがスカイオフィスはどうなのでしょうか?

スカイオフィスの審査申し込み資格と総量規制とは

スカイオフィスの申込み資格は、満20歳以上の安定した収入がある人です。

スカイオフィスは消費者金融なので、収入の3分の1以上の借り入れはできないと言う総量規制の対象となってしまいます。

そのため、お金のない無職の人は申し込むことが出来ません。では年収の3分の1以上借りたい場合はどうすれば良いのか、この記事で解説していきたいと思います。

スカイオフィスは総量規制の対象である

まず前提として、消費者金融は総量規制という貸金業法上の規制があって、年収の3分の1を超えるお金の融資はできないことになっています。

スカイオフィス最短60分融資
スカイオフィス申し込みはネットから24時間受付可能
最短30分のスピード審査
全国振込み即日融資可能
実質年率15.0%~20.0%
審査時間最短30分

WEB完結/来店不要/全国対応/限度額 50万円/

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。

消費者金融カードローンの総量規制とは

総量規制

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。

ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

引用:日本貸金業協会『総量規制とは』

簡単にまとめると、総量規制とは2010年に完全施行された年収の1/3までしかお金を借りることが出来ない決まりです。

 ただしスカイオフィスは最大50万円の少額貸付を専門としているので、スカイオフィス1社からの借入だけで総量規制の上限となることはあまりなく、総量規制の影響を気にするのは2社目や3社目となる場合がほとんどとなるでしょう。

スカイオフィスで総量規制の例外となる貸付

総量規制の例外の内「緊急の医療費の貸付け」については、スカイオフィスが明確に対応するといっているわけではありませんが、対応してくれるケースがあるそうです。

  1. 緊急の医療費
  2. 冠婚葬祭費のように、社会通念上必要と考えられる費用 △
  3. 配偶者の収入と合わせて3分の1以下 ×
  4. 個人事業者の事業性資金 ×
  5. つなぎ資金 △

    その為、急な入院や手術で費用が不足している時には、スカイオフィスに相談してみても良いかもしれません。

    ただし「緊急の医療費の貸付け」でスカイオフィスのキャッシングに申込む際は、電話申込か来店申込となってしまいます。店舗が福岡だけなので、電話申込を検討してみましょう。

    インターネット申込だと事情を伝えるのが難しくなりますが、電話であればその機会も増えます。キチンと事情が伝われば、それだけ話を聞いてもらえるかもしれません。

     「預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでのつなぎ資金に係る貸付け」と「社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け」についても同様です。

    総量規制に困っている人への対策法

    すでに知っているという人も多いとは思いますが、貸金業者からの借入であっても、”条件を満たすことによって総量規制の対象とはならず、年収の1/3を超える借入が可能”となります。

    貸金業者の中でも消費者金融で総量規制の対象外となるローンの代表的なものといえば「おまとめローン」です。

    おまとめローンは総量規制の例外にあたる「利用者が一方的に有利となる借入」に該当することによって、たとえ年収の1/3を超える場合であっても借りることができます

    総量規制例外・除外貸付貸金業者が行う貸付で、一定の条件を満たした貸付であれば年収の3分の1以上でも融資を可能とした例外的・除外的な貸付⇒おまとめローンなど
    総量規制対象外銀行等の金融機関は貸金業者では無いので総量規制は適用されません。そのような貸金業者以外の貸付全ては総量規制対象外となります。⇒銀行・信用金庫など

    このように貸金業者が行う貸付は総量規制の対象となりますが、一定条件を満たせば例外的・除外的に年収3分の1以上でも借りれることが可能です。

    じゃあスカイオフィスのおまとめローンを利用すれば総量規制で困っていてもお金を借りれるのかというと、スカイオフィスではおまとめローンのような総量規制の対象外となるローンは提供していません。

    おまとめローンが可能な消費者金融はどこ?

    おまとめローンを利用する人の多くは貸金業者からの借入総額が50万円というような少額ではなく、少なくとも100万円を超える借入となることがほとんど。

    ですので、少額貸付専門であるスカイオフィスでは規制の例外となる条件を満たすことが難しくなってしまい、このことからおまとめローンの提供はしていないと考えられます。

     もし、おまとめローンを希望しているのであれば、大手銀行カードローンやその他のおまとめローンを扱っている消費者金融を検討してみましょう。

    年収3分の1以上でも借りれる金融商品一覧

    アコムACマスターカードによるショッピング
    ビジネスサポートカードローン
    借り換え専用ローン
    アイフル事業サポートプラン
    不動産担保ローン
    おまとめMAX/かりかえMAX
    プロミス/プロミスレディースおまとめローン
    キャッシングエニー賃金業法に基づく借換えローン
    サンクスダイレクト賃金業法に基づく借換えローン
    ご融資どっとこむ賃金業法に基づく借換えローン
    マンモスローン賃金業法に基づく借換えローン
    トライフィナンシャルサービス賃金業法に基づく借換えローン

    スカイオフィス総量規制対象外まとめ

    スカイオフィスは総量規制の例外に一部対応している中堅の消費者金融です。金利は銀行や大手消費者金融にくらべると高くなりますが、審査の通りやすさでは中小消費者金融の中でも特に通りやすいといえます。

    スカイオフィス

    ただしスカイオフィスも消費者金融である以上、総量規制の制限を受けます。その為、年収3分の1以上の借り入れを希望するならその他の金融機関を検討する必要があります。

    スカイオフィスは総量規制の例外である「個人事業者に対する貸付け」と「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」については対応していませんが「緊急の医療費の貸付け」については対応してくれる可能性があるので該当するならスカイオフィスに相談してみると良いでしょう。