トライフィナンシャルサービス

トライフィナンシャルサービスの審査基準を検証

トライフィナンシャルサービスの審査についてわかりやすく解説しています。トライフィナンシャルサービスの仮審査と本審査にかかる時間や日数、申し込みから融資実行までの流れについても記載しています。

中小消費者金融トライフィナンシャルサービスの審査に迫る

大手消費者金融の審査に通らなかった方のなかには「中小消費者金融であるトライフィナンシャルサービスなら大手に落ちても借りれるかも」と申し込みを考える人もいるでしょう。

しかし、トライフィナンシャルサービスは日本貸金業協会に加盟している中小消費者金融なので、借り入れするには、大手消費者金融と同じような手順を踏まなければなりません。

では審査ではどのような面を見られるのか。

そこでこの記事では、「トライフィナンシャルサービスの申し込みから融資までの流れ」を解説していきたいと思います。トライフィナンシャルサービスで借り入れを考えている人は参考にして下さい。

トライフィナンシャルサービスの仮審査と本審査

トライフィナンシャルサービスの申し込み、仮審査から融資までは以下のようなステップで進みます。

TRYフィナンシャルサービス最短60分融資
TRYフィナンシャルサービスネットから24時間受付可能
最短で即日融資も可能
在籍確認も柔軟に対応
実質年率9.85%~18.0%
審査時間最短30分

WEB完結/来店不要/全国対応/限度額 300万円/

※申し込みの曜日、時間帯によって翌日以降の取り扱いとなる場合もあります。

トライフィナンシャルサービスの申し込みから融資を受けるまで

  • 申し込み
  • 仮審査・結果通知
  • 必要書類の提出
  • 本審査・結果通知
  • 契約後、融資可能

トライフィナンシャルサービスと契約するには、大手消費者金融と同じような手順を踏まなければならないことが分かります。

トライフィナンシャルサービスのキャッシング審査はブラックOK?

知名度の低い所なら借りれそう、というイメージがありますが、トライフィナンシャルサービスはブラックNG。決して審査が甘くはありません。

トライフィナンシャルサービスの審査のポイントになるのはオーソドックスにこの5つ。

  • 年収
  • 勤務先、勤続年数
  • 雇用形態
  • 居住形態、居住年数
  • 個人信用情報

トライフィナンシャルサービスに限らずカードローン・キャッシングの審査で何を見たいかと言えば、返済能力の有無です。基準に満たなければ、審査落ちになります。

返済能力の有無を確かめるために、審査ではありとあらゆる項目を様々な方向から検証しているのです。

大手カードローンより審査条件は広い傾向

トライフィナンシャルサービスはインターネット及び電話申し込みが可能なため、全国どこにいても利用することができます。

利便性は大手消費者金融に劣るものの、小規模業者ならではの柔軟審査を強みにしているローン会社と言えるでしょう。

2018年1月にはリニューアルオープンを行い「来店不要」を前面に出した利便性向上を大きくアピールした強化した運営を行っています。

トライフィナンシャルサービスの仮審査

トライフィナンシャルサービスのお申し込みフォームには次のような内容を入力します。

必要書類

  • 希望商品の種類
  • 借入希望額
  • 他社からの借入状況
  • 勤務先情報
  • 勤続年数
  • 年収
  • 住居の種類(持ち家、賃貸など)
  • 居住年数
  • 月々の住居費用(住宅ローン、賃料など)
  • 連絡希望日時

大手消費者金融に比べるとトライフィナンシャルサービスのような中堅・小規模の消費者金融は、申し込み内容が詳細なケースが多いです。

審査が行われている時間帯は平日の9:00〜18:00です。土日祝日でも申し込みはできますが、審査結果の連絡は週明けの翌営業日となります。

正しい個人情報を申告しなければ仮審査で落ちる

  • お名前
  • メールアドレス
  • 他社からの借入状況
  • 勤務先情報
  • 勤続年数
  • 年収
  • 住居の種類(持ち家、賃貸など)
  • 居住年数
  • 月々の住居費用(住宅ローン、賃料など)

トライフィナンシャルサービスへの申込段階で正しい個人情報を申告しなければ仮審査に落ちます。

 個人信用情報機関のJICC(日本信用情報機構)に加盟しているので、トライフィナンシャルサービスは申込者の金融事故や金融取引の履歴を知ることができるからです。

個人信用情報機関とは、申込者の金融事故や金融取引の履歴などを記録して保管する機関です。

トライフィナンシャルサービスは仮審査を行う際、個人信用情報機関のJICCから申込者の金融取引の履歴や金融事故の情報を参照して、信用情報を調査します。

そのため、債務整理や長期滞納の経験がある人は、「金融事故を隠してトライフィナンシャルサービスに申し込んでも、仮審査で落とされる」と覚えておきましょう。

トライフィナンシャルサービスの本審査

仮審査に通過したら、次は本審査があります。

本審査は、二次審査のようなもの。本審査で実際に顧客に本人確認書類や収入証明書類を提出してもらい、申し込みフォームに入力されていることが本当かどうかを確認します。

トライフィナンシャルサービスの審査での必要書類は?

トライフィナンシャルサービスの審査では本人確認用に身分証明書の提出を求められます。

必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート等)
  • 所得を証明する書類(源泉徴収票、給与明細書、所得証明書等)

本人確認書類は持っている1枚を提出すれば問題ありません。

 専業主婦がトライフィナンシャルサービスからお金を借りる場合は、トライフィナンシャルサービスが用意する形式の配偶者からの同意書と、夫婦関係を証明する世帯の住民票などを提出することになります。

貸付残高が50万円を超える場合や他社で100万以上の借入がある場合

  • 自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合
  • 他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合

上記の2点に該当する場合、収入を明らかにする書類の提出を求めると決められています。

個人が借入れをしようとする場合において、①ある貸金業者から50万円を超えて借入れる場合、②他の貸金業者から借入れている分も合わせて合計100万円を超えて借入れる場合、のどちらかに当てはまると、「収入を証明する書類」の提出が必要です。

引用:年収を証明する書類とは「日本貸金業協会」

この条件に当てはまる場合は以下の収入証明書です。

必要書類
  • 源泉徴収票
  • 直近2ヶ月分の給与明細書
  • 年金振込通知書や年金証書
  • 確定申告書の写しや納税証明書

トライフィナンシャルサービスでおまとめローンの審査を受ける場合などは特に必要となってくるので注意してください。

トライフィナンシャルサービスは在籍確認の電話はあるの?

トライフィナンシャルサービスの本審査では在籍確認といって、申告した勤務先に電話をして本当に勤務しているかどうかを調査します。

どの消費者金融でも借り入れの際の在籍確認の電話というものは必須となっているので、トライフィナンシャルサービスでも避けることは出来ないといえるでしょう。

もしも、在籍確認の電話を拒否したり、どうしても在籍確認ができなければ、その会社に在籍しているかどうか分からないため、支払い能力の有る無しを判断することが出来ません。

 電話を掛けるといっても、トライフィナンシャルサービスからの在籍確認は、トライフィナンシャルサービスと会社名を名乗ることはありませんし、個人名を名乗ることになるので、相手側に会社名は分かりません。

このため、在籍確認の電話を不安に思っているという方も、会社に消費者金融名が伝わることはありませんので、安心して良いといえるでしょう。

トライフィナンシャルサービスの審査時間(期間)に掛かる日数は?

トライフィナンシャルサービスの最も大きな特徴は、振り込みでの「即日融資」を実現させている点。

お金を借りる

中小消費者金融は融資までに1週間以上掛かることも珍しくないため、最短30分で審査が完了するトライフィナンシャルサービスはとても貴重な金融機関と言えるでしょう。

ただし即日で終わるのは信用情報や他社利用状況に問題ない人のみです。 もしあなたが以下のような状況に当てはまるなら、審査時間がかかることが予想されます。

  • 過去に債務整理や自己破産の経験がある
  • 他社利用が多い他社で複数審査落ちした直後の申し込み

こういう状況だと審査時間がかかり、大手のように即日ですぐ融資、というわけにはいかないので注意してください。

トライフィナンシャルサービスは土日の審査や融資は可能?

トライフィナンシャルサービスの営業時間は平日9時~18時となっており、審査もこの時間にしか行われません。

土日には審査が行われないので、例えば金曜の18時以降にネットで申し込みをしても結果が出るのは最も早くて翌週の月曜日になります。

電話番号

ちなみに上記の営業時間内であれば、電話で審査状況を確認することができます。

もし結果が出ている場合であれば聞くことができますし、審査中であればその旨が伝えられるので気になるならトライフィナンシャルサービスに電話してみると良いでしょう。

03-3835-3310

即日融資を受けるなら午前中に申し込み・審査を

トライフィナンシャルサービスのフリーローンは、平日15時までにトライフィナンシャルサービスによる振込作業が完了すれば、即日融資が可能です。

つまり即日融資のタイムリミットは午前中。トライフィナンシャルサービスはカードローンではなく振込キャッシングとなるため、平日15時までに振込作業を完了させなければ振込先の銀行が閉まってしまい、即日融資が受けられません。

ですから、即日融資を目指すなら申し込みは出来れば午前中には終わらせておきましょう。

 電話や来店は平日9:00~18:00までの受付となっていますが、インターネット申し込みであれば24時間受け付け可能となっています。

トライフィナンシャルサービスの審査結果は電話?メール?

トライフィナンシャルサービスの審査結果(可決・否決や利用限度額)は電話またはメールで伝えられます。

審査通過であれば契約書が郵送されることになりますが、到着前でも振り込みでの借り入れをお願いすることができます。

これが通常の審査の流れですが、結果の連絡が来ない・契約書が届かないなどの場合は速やかに電話して状況を知らせてもらいましょう。

トライフィナンシャルサービスの審査について(まとめ)

トライフィナンシャルサービスの審査についてまとめてきましたが、審査基準は非公開になっているものの住居費用や他社からの借入と年収のバランスを重視した上で融資可否を判断しているようです。

トライフィナンシャルサービス

そのため、持ち家や居住年数が長い人は審査に通りやすい傾向があり、他社の審査で落ちた方でも申込してみる価値があります。

許可をしっかりと取得している正規業者である上に店頭取引も可能なので、信頼性及び柔軟性は他社よりも頭一つ抜きん出た存在と言えるかもしれません。